切幡寺の境内には、芭蕉の群生が茂っていました。

切幡寺の後、うどん亭八幡で、うどんをいただきました。 四国八十八ヶ所巡り (7)

切幡寺の多宝塔に魅せられて、しばらくは、この場所を移動するのがもったいないような気持ちがして、もっと長く多宝塔のそばに居たかったのですが、奥さんが先に下山を始めたので、ついて降りていきます。

奥さんの行先は、納経所です。納経所で、スタンプカードのような役割をしている、納経帳に、切幡寺に来た証として、文字を書いてもらっています。

バナナによく似た、芭蕉の群生を見つけました。ここは四国の高い所で、冬になればきっと、雪も降りそうなほど、冷え込む場所です。それなのに、芭蕉は越冬出来ているのです。

そういえば西脇の西林寺にも、バナナかと思ってしまった、芭蕉の群生がありました。

芭蕉とバナナの違いは、見た目には分かりません。何が違うのでしょうか?

調べてみると、

1.芭蕉の実は、バナナと違って追熟しないと食べられない

2.バナナには、葉っぱの裏に白い粉があるが、芭蕉にはない

3.バナナは熱帯性(温室か霜のない所でのみ生育)、芭蕉は温帯性の植物

ということでした。つまり、育つ環境が温度によって違っているようです。

芭蕉の群生の隣には、これまた不思議な、綿のような花を戴く木がありました。サザンカでしょうか?

再び、本堂の前に戻ってきて、自販機の前で、温かいコーヒーを買い、ベンチに座って一休みです。

ベンチの前には、この切幡寺のお寺の皆さんが生活する、お屋敷がありました。

先程まで参拝客で賑わっていた本殿の前に、一瞬で人気がなくなり、誰もいない状態になりました。これが、本来の静けさでしょうか?

登って来た時に、一休みしながら歩いた石段も、帰りは重力に引っ張られるように、楽に下山しました。

車を停めているところまで、細い道をゆっくり下って行くと、途中の家の看板に、昔見たような、相撲取りのポスターのような絵がありました。絵には、「高野山四国参拝御用達 浅野総本店」と書いてあります。

初冬らしい景色です。陽のあたる軒下に、干し柿がぶら下がっています。もう、かなり干し方が進んでいるようです。さらに進むと、白い砂糖のような甘味が、柿の表面についてきます。

切幡寺を探して、車を走らせているとき、よく目に付いた、うどん屋さんの看板がありました。

それは、うどん亭八幡(阿波市市場町大野島字新ノ池、代表取締役 妹尾 重幸さん)です。

徳島を車で回っていると、うどん屋さんは沢山ありましたが、こんなに大きな規模のうどん屋さんは、これまで見当たりませんでした。ここで昼食をいただくことにします。

松葉博雄と奥さんは、二人とも一番人気の八幡うどんを注文しました。抱合せに注文したのは、お寿司の三貫セットです。

うどんができるまで、お店の徳島新聞をお借りして読んでいると、今日の記事のトップは、昨年参院選「違憲状態」の活字です。

うどん亭八幡のお店が広く、客席が沢山あります。しかし、この時間、お客様は少なく、これから混むのでしょうか?

うどんをいただいた後、レジで支払いをするときに、壁紙を見ると、「四国霊場開創千二百年記念」のポスターが掲示されていました。

うどんも食べて、空腹も満たしたので、また、次の行動に移ります。

お遍路の道は、青空で、道傍の花も、清らかに見えます。

次は、四国八十八ヶ所巡礼の第11番目札所、藤井寺です。藤井寺といえば、大阪にも藤井寺市があります。何か、繋がりがあるのでしょうか?

2014年11月27日(木)