赤田進先生と、奥津渓をドライブしました。道の駅 奥津温泉に立ち寄りました。

松葉登美子母の友人の、馬場千代子さんが亡くなったので、弔問に行きました。 岡山(7)

人形峠からの帰り道、「道の駅 奥津温泉」に寄ります。道の駅に寄れば、その地方の特産品に出会うことがあります。美味しいものや、珍しいものに出会うと、嬉しくなります。

駐車場には、テントが張られ、道の駅の建物の中では収まらないような、魚を焼く販売方法もありました。

ここは、岡山県北部の吉井川の上流です。渓谷には、ひらめが生息していて、その、ひらめ塩焼(あまご)は300円です。

鏡野町では、アマゴのことを「ひらめ」と呼んでいます。海の平目と間違いやすいのですが、赤い斑点が綺麗な、淡水魚です。

ひらめの冷凍品は、「冷凍ひらめ 大2尾 980円」です。買おうかなぁ?どうしようかなぁ?と迷って、冷凍ならやめとこうかな、と思いとどまりました。

するめも、売られていました。日本海が近いせいです。

すだち 「一番美味しい時期です。焼きサンマにたっぷりの果汁をかけてご賞味下さい。」と書かれています。

店内は、木造の温もりのある内装です。どこに行っても、平日なのに、高齢者の方と出会います。

この地方には、地鶏が特産品なのか、ニワトリの加工品が、あれこれあったので、これは急な時の食材に良いなぁ、と思って、購入です。

ポスターを見ると、吉井川の流れが、この奥津地方では、奥津渓として、四季を彩っています。

春になれば、桜です。

夏になれば、川遊びです。

冬になれば、温泉です。

奥津温泉の特徴は、足を使って、温泉水で洗濯をします。女性なら、手を使って洗濯をするのが常識のところが、奥津では、発想の転換で、足を使って洗濯をしています。

都会の建て込んだ建物から比べると、この奥津の田園の、ゆったりとした佇まいは、羨ましく思います。

奥さんと、次の機会には、湯郷温泉に泊まるところを、奥津温泉に変えてみようかと、話がまとまりました。やはり、来るなら、秋が良いようです。

都会なら、土地が足りなくて、何かを作るにしても、狭い場所に押し込むように、コンパクトな施設になってしまいますが、岡山県の北の方なら、土地は十分に空いています。

高度経済成長期には、岡山県の高原には、別荘地が開発され、多くの人が、都会から潤いを求めて、高原地に山荘を築いた時代がありました。その年代の方は高齢化して、今では別荘地は荒れた家が多いそうです。

緑に囲まれて、四季を感じる別荘が良いなぁと思うのも当然です。都会の土地の値段に慣れていれば、高原地の土地の値段は、嘘と思う程、安くて別荘を持ちたくなるのも、一つの風潮でした。

親が欲しかった別荘地でも、子供達が欲しいかどうかは別です。親と離れて、さらに都会に出て行くと、岡山の高原にまで、車で来るのも、電車で来るのも、相当な休暇日数が無ければ、来られません。

赤田進先生に、駐車場まで送り届けていただいて、とても楽しい紅葉狩りのドライブになりました。

今回の、津山訪問の大切な予定は、亡くなった、母、松葉登美子の友人、馬場千代子さんへの弔問です。

母の友人なので、年代は100歳間近でした。松葉登美子母が、生前に親しくしていたお友達だったので、松葉博雄も、よく母について、馬場千代子さんのお家を訪れていました。

母に代わり、仏壇の位牌に手を合わせ、お線香をあげて、家族の方にもお悔やみを申し上げました。

2014年11月13日(木)