とうとう解散です。選挙で立候補者が当選するのも、企業が顧客から支持を得るのも、3つの要因が似ています。

衆議院の突然の解散に、何か隠れた戦略を感じています。優れた戦略は、最初は、そんな馬鹿な!と思っていても、後になるとなるほど!と思える戦略です。

とうとう現実になりました。11月21日の夕刊には、安倍晋三内閣総理大臣が、アベノミクスの是非を問うため、衆議院を解散し、総選挙を行うそうです。

奥さんと、晩ご飯を食べながら、今日起きた、衆議院解散の話題を話しています。

今夜の晩ご飯は、会社で社長さんが、社員の皆さんにプレゼントした、ミンチカツです。調達したのは、肉の文 丹波田中畜産株式会社からです。

肉の文は、丹波篠山にあって、丹波篠山にドライブしたときに、何度も行っていますが、直近では、2014年7月にコロッケとステーキ肉を買いに行っています。

社員の皆さんに、ミンチカツを用意したのは、この三連休に、勤労感謝の日があるからです。

もう一つの食材は、松葉博雄が自宅で漬けた、白菜とかぶの漬け物です。

秤がなかったので、塩の量は正確に計っていません。およその目分量で、塩の量を決めました。そうなると、やはり塩の量に、行き過ぎがありました。やや辛いのです。

そうなれば、少し塩分の調整を、今からでも追加措置として行います。塩が辛すぎたからといって、樽をひっくり返して漬け直す、漬け物解散はしません。

衆議院解散のニュースと解説を聞きながら、メンチカツを、きゅうり、パプリカ、ブロッコリー、トマト、キャベツ、レタスなど 沢山の野菜と一緒にいただきます。

ニュース解説を聞いても、何のための解散なのか、識者でも、はっきりと説明出来ていません。

怪しい、やはり怪しい。この解散には、隠れた意図があるのではないかと、松葉博雄は仮説しています。

優れた戦略というのは、最初聞いたときは、そんな馬鹿な!と思っていても、戦略が進んできて、次第に戦略の意図が分かったとき、そうだったのか!と合点するような戦略です。

もし、安倍晋三内閣総理大臣の戦略が、今は、何のための解散なのか、そんなバカな!と思っているうちに、選挙が終わり、来年になって、通常国会が始まった頃、驚くような重要事項が現れて、ああ、それで早く解散していたのか!と、後から納得出来るかもしれません。

塩分を摂りすぎた場合は、中和策として、カリウムの摂取が、効果があるようです。そこで、今夜は、野菜と、果物の柿を、優先的に食べることにします。

衆議院議員の解散から、連想することは、候補者が当選するには、どんな要因があるかを、考えてみます。

選挙民から見ると、1.所属する政党、2.政党の政策と、立候補者の公約、3.候補者の個人的魅力や繋がり、この3つが考えられます。

ビジネスも同じ事です。顧客が買ってくれる要因は、1.お店・もしくは会社を選ぶ、2.商品・サービスの中身を選ぶ、3.担当者の魅力・人柄を選ぶ、この3つが考えられます。

これからの予定は、12月2日が選挙公示で、14日が投票日です。

この間に、政党は政策を訴え、立候補者は公約を訴えます。その中で、候補者は、その地域で選挙活動を行います。

これは、経営戦略に置き換えると、会社のイメージを高め、販売する商品・サービスに、独自性を作り、現場接点でお客様に接する社員の一人一人が、購入を促す、ビジネスの方法とよく似ています。

翌日の11月22日は、語呂合わせで、いいふうふ「良い夫婦の日」だそうです。我が社でも、毎月22日を、夫婦の日にしています。

新聞報道では、夫婦の会話は、1日に30分以内が多数派でした。あまり、夫婦の会話は、長い時間していないようです。

この平均値は、平均年齢が44歳でした。青年から中高年に移る、過渡期の年齢層です。この頃は、夫婦がお互いに、別々のことに関心があり、会話が成立しにくい年代です。新聞を読んで、これから出勤します。

2014年11月22日(土)