論文の書き方を、誤認逮捕の弁護に例えて話しました。大阪市立大学大学院の博士ゼミの後の反省会です。

博士論文を書くには、査読論文が採択され、その後、スケジュールを立てて書きます。 大阪市立大学大学院(2)

明石芳彦先生の主催する、大阪市立大学大学院 創造都市研究科の博士ゼミが終わると、家永秀則さん、菊池浩史さん、山崎真嗣さんと、松葉博雄の4名で、居酒屋「福寿」で、反省会兼飲み会です。

福寿といえば、神戸の灘の酒造メーカーです。2013年7月に、松葉博雄の奥さんと一緒に、清酒 福寿を造っている、「神戸酒心館」に行っています。

神戸の酒心館は、落ち着いた、大人向けの食事処ですが、ここ、居酒屋ふくじゅは、大衆酒場です。

お店の前には、清酒を冷やしてグラスに注ぐ、サーバーがあります。

暖簾の向こうには、満席状態のお客様で溢れています。席が空くまで、少し、外で待たされました。

すぐ近くには、以前に利用したことがある、居酒屋の百番がありました。

福寿は、お酒なら灘の福寿ですが、ビールなら、アサヒのスーパードライでした。

こうして、後輩の皆さんとゼミの後に、反省会兼飲み会をするのは、このメンバーでは初めてです。

家永秀則さんは、社会人大学院に行くきっかけになったのは、大阪府立大学大学院で、松葉博雄の同期生の皆さんと出版した、「社会人大学院へのススメ」を、書店で見つけて読んだからだそうです。

山崎真嗣さんは、高校の教諭ですが、今は期間を限定して、仕事をお休みして、博士の学位を目指しています。3人とも、どなたも向学心の強い方ばかりです。

何かアドバイスをと促されて、3人に話したのは、いかに早く査読論文を採択されるようになるか、ということです。

査読付き論文は、研究者が研究者の論文を、審査することなので、そこには暗黙のルールがあります。この論文作成のルールというか、作法というか、決まりを理解しないで、論文作成に取り組んでも、なかなか採択してもらえません。

1本の査読論文が採択されて、掲載されるまでには、その途中に長いドラマがあります。

論文を書くには、何を言いたいのかが、はっきりしていることです。たとえば、誤認逮捕事件の裁判に置き換えて考えてみます。

仮に、誤認逮捕された人の無実を、裁判で立証しようとすると、弁護士は、この人は無実である、という主張をすることになります。

研究目的は、この無実であるという主張です。仮説は、犯人はこの人ではない、ということです。

先行研究となるのは、これまでの、よく似た事件内容の裁判の判例です。

そして、データとして、無実であるという証拠や、証人などを示して論述します。

仮説の、「この人は犯人ではない」を資料で証明して検証すれば、この人は犯人ではない、という結果に導くことになります。

このように、主張したいこと、言いたいこと、明らかにしたいことを、はっきりとさせることです。これが決まらないと、ゼミで発表して、講評をいただいた後、コメントに対して主張がずれたり、言いたいことがぶれて、発表ごとに内容が変わって、時間がどんどん過ぎてしまいます。

裁判の例に例えて、相手側の検察官から、犯人だと追究されても、犯人ではないと、言いたいことを主張しなければ、期待する判決は得られません。

ゼミや、発表報告では、色々な立場から、色々な意見をいただいて、いただいた意見を取り入れようと、サービス精神に振り回され、結局何が言いたいのか、くるくる変わることがあります。これが、研究テーマです。研究テーマの基軸を、ころころ変えると、聞く度に違った論文構想発表になってしまいます。

論文作成の進め方も注意すべきです。家を建てる例に例えていえば順序があります。まずは、土地を整地して、基礎工事をして、設計図面に基づいた墨出しをして、基礎を作って、建物を建てていきます。

ゼミの報告では、今回の報告の範囲は、建築工事でいえば、この部分だと範囲を明確に絞って進めていかなければ、いきなり完成した建物を示せば、広い分野から足りていないところを指摘されます。

ついつい、お節介な論文の書き方を話しているうちに、時間が遅くなってしまいました。

大阪市の地下街を通れば、孫のU君の好きな、ライオンキングのポスターがありました。

阪急百貨店のショウウィンドウは、すっかりクリスマスバージョンに変わっていました。

かなりビールを飲んで、家に着いたときは、もう夜の11時半です。奥さんにお願いして、お茶漬けをいただいて、すぐに寝てしまいました。

2014年11月17日(月)