創造都市研究の2013年6月号に、松葉博雄の論文が掲載されました。

明石芳彦先生の博士ゼミは、月曜日の18時30分から20時30分までの120分です。 大阪市立大学大学院(1)

大阪市立大学大学院の、明石芳彦先生の博士ゼミに出席しました。

博士ゼミとは、博士課程後期に在学中の、博士の学位を目指す研究者達の合同ゼミです。

図書室に行くと、一年遅れで、創造都市研究科の発行する紀要の、「創造都市研究 2013年 6月号」が、2014年10月に発行され、図書棚にありました。

松葉博雄が投稿した論文「経営理念浸透が経営戦略の成果に及ぼす影響の研究―メニコンの事例研究―」が、掲載されていました。抄録は、すでにいただいています。

教室に入ると、まだ誰も来ていなくて、松葉博雄が教室に一番に入っています。

18時30分から、ゼミの始まりです。

今日は、二人が発表予定です。最初は、家永秀則さんです。

家永秀則さんの研究テーマは、高年齢者の起業です。

およそ30分の報告の後、明石芳彦先生から、報告を聞いた後のコメントがありました。

博士論文を書くためには、まず、外部評価として、いずれかの研究学会に所属して、研究学会で発表したあと、投稿論文が採択される必要があります。

それが、なかなか難しくて、査読付き投稿論文の採択のハードルに、皆さん苦戦しています。

次は、菊池浩史さんです。菊池浩史さんの研究テーマは、不動産鑑定士の仕事に繋がるテーマです。

菊池浩史さんも、30分報告で、あとの30分は皆さんからの意見をいただきます。

途中休憩なしの120分の博士ゼミが終わると、なんとなしに反省会をしようという意見になりました。

松葉博雄も、反省会に入れてもらいます。

松葉博雄が博士課程後期に在学中の時は、ゼミの後は、ほとんど毎回、飲み会付き反省会でした。

博士ゼミのメンバーは、修士ゼミのメンバーに比べると、人数はうんと少なくなります。

社会人の博士論文を目指す学生は、明日は朝から仕事がある人ばかりなので、一緒になって飲む機会もあまり多くありません。

ゼミ生の皆さん方と、これから短い時間ですが、反省会に行きます。

2014年11月17日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です