玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする。春菊も、煮すぎると、弱ってしまいます。

アイスキャンディーに、おでんの汁をつけたり、トマトやみかんを乗せてみたり、食べ方に工夫をしています。

U君が一緒の晩ご飯です。子供が二人いると、こんなに違うのかと思う程、賑やかな食卓です。

沢山人数が居ると、一人ずつにお皿を分けるより、鍋料理の方が融通が利くことは分かっているので、今夜は、奥さんはおでんを作りました。

U君の専用プレートには、おでんの中で好きな、卵とこんにゃくが入っています。

おでんの中で、別格に手が込んでいるのが、すじ肉です。

神戸そごうの、大井肉店で、すじ肉を買ってきています。

まだ食べ切れていない、カニがあったので、蟹もおでんの鍋に入れて、しばらく味が染みこんでいくのを待ちます。

今夜のおでんは、おでんのお汁を、スープとして飲んでも、美味しいほどの、薄口の柔らかい味になりました。

十分、皆さんが揃ってきたら、おでんの鍋に入れると、すぐに食べないと、劣化してしまう、春菊と、ヒラタケを用意しています。

特にシュンギクは、まるでしゃぶしゃぶのように、少し鍋に浸けておくだけで、すぐに食べないと、熱で弱ってしまいます。

和歌に、「玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする」と、式子内親王(しきしないしんのう)の和歌が、新古今和歌集にあります。

恋の歌ですが、春菊にも当てはまります。春菊も、早く食べないと、熱くなると春菊が弱ってしまいますよ、と対比して、言えることです。

ここでU君は、思わぬ行動に出ます。ソーダ味のアイスキャンディーを、おでんのおつゆに浸けて、そのお汁をアイスキャンディーに吸収させて、すぐに口に入れています。

これでは不衛生なので、松葉博雄はU君が食べかけのアイスキャンディーを、鍋に入れないようにするために、陽動作戦として、アイスキャンディーの上に、トマトを置いてみました。

U君は、トマトを乗せると、大喜びです。みかんも乗せてみても、大喜びです。

ソーダ味のアイスキャンディーに、トマトを乗せて食べていると、ずいぶん味が良いそうです。

食後のデザートです。淡路のフローラルアイランドで買った渋柿を、甘くなるように、アルコールをおしりに浸けて、しばらく置いていたので、そろそろ甘くなっている頃です。

松葉博雄は、渋柿を食べてみますかと、皮を剥いて食べられるように、サービスをしました。

誰も進んで渋柿を食べようとしません。まだ、渋柿のままだと思っているようです。

男は度胸、女は愛嬌というように、ここは松葉博雄が、皆さんの描いている渋柿への警戒心を、自ら率先して食べてみて、甘くなったことを証明してみせます。

といっても、本当に渋柿が、甘くなったのかどうかは、食べて見ないとわかりません。

渋柿の皮を、途切れることなく、一本の紐のように、繋がった状態で、皮を剥きました。

この柿は、甘いのか、渋いのか、皮を剥きながら、ゆっくり柿に向かって尋ねてみました。

皮を剥いた後、丸かじりにすれば、もし渋柿だと、口の中のダメージが大きいので、ここは考えて、分断して、少しだけ試食してみることにします。

真っ二つに割って、さらに半分に割って、小さくして、渋柿を食べてみました。

見ている人は、甘いか渋いか、答えを待っています。もし渋くても、我慢して、甘いと思わせるように、ポーカーフェイスをして、甘いから食べてみて、と勧めるつもりです。

2014年11月15日(土)