どこから来たの?京都です。京都には京都府立大学があるでしょ?そこの出身です。

湯郷温泉 竹亭の露天風呂は、滑りやすい石造りです。お湯は、お肌を綺麗にする美人の湯と言われています。  岡山(3)

富士山の真上に輝く太陽を、ダイヤモンド富士と言いますが、湯郷の、名も知らない山の上にも、太陽が輝いて、ダイヤモンドが輝くようです。 湯郷温泉2日目の朝です。

期待していた、吉野川から立ち上る朝霧の雲海は、今朝は発生していませんでした。

昨日、部屋付きのサービス係の星山さんから、朝食の時間を尋ねられて、8時半としていましたが、それよりも早く、朝8時には朝食をとりに来ました。

朝ご飯はシャケ、卵焼き、お漬け物、海苔、ハム、湯豆腐など、和食です。

お客様係の星山さんに、また一問一答です。「どこからきたのですか?」「京都です。」「京都と言えば、京都府立大学がありますね。」と言うと、「はい、私、京都府立大学を出ました。」「どの学部ですか?」「農学部です。」

このように、話しているうちに、相手の話に頭が働いて、話を誘導することで、その話の源を当てることがよくあります。

今朝の選択は、卵かけご飯か、だし巻き卵かでした。松葉博雄は卵かけご飯を選びました。星山さんは身の上話も、色々話してくれましたが、それは割愛しておきます。

昨夜と今朝、僅かな時間ですが、松葉博雄が積極的に、星山さんに話しかけたことで、星山さんからも色々な話を聞かれました。

松葉博雄の奧さんは、星山さんが京都府立大学を出ていることを知って、専門知識を活かす仕事にしたらどうですかと、早速、あれやこれやアドバイスを始めました。まるでお母さんです。

食事を終えて、廊下を歩いているとき、窓を開けると、離れの温泉 洗心庵が見えました。

その効能は、

竹亭の温泉は「美人作りの湯」と呼ばれています。

その湯は硬くなった肌をやわらかく、包みこんでくれます。

P.H8.5でやわらかく、湯上り後もしっとりとします。

保温効果もあり、ぽかぽかと体の芯から温めてくれます。

竹亭の温泉は混合泉で、ナトリウム・カルシウム塩化物温泉 ( 低張性弱アルカリ性温泉 )の泉質です。

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・神経麻痺・間接のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔病・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進や、きりきず・やけど・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病に適応し効能が期待出来るそうです。

昨夜は、暗くて見えなかった露天風呂の周りは、竹亭と名付けたとおり、竹藪です。

湯郷温泉のお湯は、たつみ山荘でこれまで十分経験済みですが、今日の竹亭の温泉は、たつみ山荘の湯質と、やや違いを感じます。ぬるっとした、ぬめり気がありません。

石を組んだ露天風呂なので、よほど良く掃除をしなければ、石に苔がつき、苔に滑って転ぶと、打ち所が悪ければ、後頭部やおでこを、床の石に打ち付けてしまう危険性もあります。

温泉は大好きですが、2時間も3時間もかけて温泉に来ても、温泉に浸かっていられる時間と言えば、20分ぐらいです。長く浸かっていると、頭が湯あたりしてくるようです。

お部屋に戻ると、チェックアウトの準備です。お部屋には、アンケートのお願いがありました。性別、年齢、当館を選んだ理由、旅行の目的、当館の利用回数、満足度などが知りたいようです。

満足度調査で、的確な質問をするとなると、

①もう一度来たいですか?

②ご紹介を頂けますか?

この、①と②で、満足度は測定できます。

さてこれから、この地方の特産物を彩菜茶屋に行って、購入します。その後は、津山に行きます。

 

2014年11月13日(木)