湯郷温泉「やさしさの宿 竹亭」に宿泊しました。

湯郷温泉 竹亭には、わんちゃんと一緒にお泊まりできる、離れの館「わんこ家 竹亭」の別棟がありました。  岡山 (2)

湯郷温泉に来ています。今夜の宿は、「やさしさの宿 竹亭」です。

出迎えてくれた人に、あちらの館は何ですか?と尋ねると、あれは、わんちゃんと一緒にお泊まりが出来る、わんこ家だそうです。なるほど、犬を家族と思っている人から見れば、可愛いわんちゃんと一緒に温泉に来たくても、受け入れてくれる宿も少なく、竹亭はいいところに目を付けています。

竹亭のロビーには、小さな水槽に、大きな金魚が泳いでいました。

インターネットで予約した宿なので、インターネットで見た旅館の内容と、現実に訪れて見た旅館の内容には、当然多少はギャップがあります。

部屋に通され、窓から見ると、この部屋は4階の部屋なので、湯郷温泉街がよく見えました。

これまで、湯郷温泉で泊まったホテルは、2013年11月の、「和モダンなお宿 湯郷温泉 かつらぎ」と、同じく2013年11月の「季譜の里」に宿泊しました。

二つの宿は、今日の竹亭からも見える距離にありました。

この時期、客室が空いているせいで、松葉博雄は二人の宿泊で、七人部屋に通されました。

七人部屋なので、部屋はとても広く感じました。

まもなく、日が沈む頃です。明日の朝は、雲海が見えたらいいのになあと思いながら、吉野川の川から上る霧を期待しています。

お風呂は、一階の露天風呂と、七階の大浴場があります。

まずは、露天風呂からスタートです。この、露天風呂の作りは、以前利用していた湯郷温泉たつみ山荘の露天風呂に、作り方が似ています。

露天風呂から戻ると、夕食です。旅の宿なので、することもないので、夕食はいつもよりうんと早い、6時半からのスタートです。

テーブル席には、量だけはたくさんあるお料理が、テーブル席一杯に広がっています。

山の中ですが、海の幸の鯛の造りもありました。鯛が活きが良いかどうかは、鯛の目を見ればわかります。

美作は、国道58号線を走り抜ければ、鳥取に出ます。ここから海の幸のカニが運ばれてきています。

海の幸に、もうひとつ高級食材のアワビがありました。これは、陶板で焼いて頂きます。

山の幸は、岡山和牛と松茸です。ただし、マツタケは、言われてみれば、ここにある、と探せばわかるほどの大きさです。

念のために、カメラを近づけて、豆腐の上に乗っている、一枚だけの松茸を接写しました。

今日の、部屋付きのサービス係は、星山さんです。星山さんは京都の人で、仲居さんを派遣する会社に登録していて、都合が良いときに、あちらこちらの旅館に働きに行っているそうです。

星山さんが、お料理の火種に火を付けると、夕食の始まりです。

あれやこれや尋ねながら、お話をしながら、お料理を進めていると、星山さんから奧さんに、お父さんはいつもこんなに、興味が多い人なのですかと、尋ねられました。松葉博雄は、星山さんから、お父さんと名付けられました。

ビールを頂きながら、山海の珍味を頂いています。なかなか量が多くて、全部は食べきれそうもありません。

鯛の造りは、この鯛からつくったお刺身ですが、鯛を起こしてみると、まだまだ食べられる場所があります。家なら、ここからもお料理が出来るのですが、竹亭ではどうするのでしょうか。

黒豆から作った、うどんだそうです。蕎麦かと思ったら、饂飩だそうです。そばとうどんの違いは、太さでしょうか?味でしょうか?

最後は栗ご飯です。美作地方には、栗の木がたくさんあって、秋になれば、栗ご飯はどこのお家でもつくられているようです。

夕食を終えて、お部屋に戻ります。竹亭の廊下には、中国大陸の文化を画材にした絵が飾られています。

ロビーはひっそりとして、あまりお客様はいないようです。もし、経営学的なテーマとして、この旅館の経営改善をテーマに、みんなで議論したら、松葉博雄は、どんな提案が出来るか、しばし考えてみました。

考えてみると、旅館は装置産業なので、設備投資が大変です。更に、旅館はサービス産業なので、人的資源の確保が大変です。旅館はレジャー産業なので、遊びに来て頂くための企画が大変です。

こうして考えていると、奧さんから、頼まれてもいないのに、頭を悩ますことはないでしょうと、注意を受けました。

2014年11月12日(水)