怪しい!なにか怪しい。湯豆腐を食べながら、突然の解散報道に怪しさを感じています。

消費税の増税は、すでに法律で決まっているのに、ここで消費税増税のための解散とは、何かおかしい!

消費税が増税になるのか、それとも先延ばしになるのか、ビジネスをしていれば、消費生活をしていれば、とても気になる問題です。

新聞やテレビを見ていると、どうやら消費税増税は、今すべき時期ではないと、各方面から意見が出ています。

新聞やテレビの報道機関は、解散について記事を書き始めましたが、解散を決めるのは、決してマスコミではありません。マスコミは、取材してきた結果を報道しているので、取材先は解散を決める立場の人か、またはそれに近い人です。

夕食を食べながら、松葉博雄は奥さんと、消費税の増税について、会話が進んでいます。

今夜は湯豆腐です。気温が下がってくると、これからは鍋料理が増えてきます。

白菜と、かぶらは、松葉博雄が漬けた、おかずの分担をしている、参加型の夕食です。

解散に火がついたのは、さきの内閣改造で、新任大臣の、女性大臣が二人、辞任せざるをえなくなったからです。

アベノミクスについても、ここのところ、実体経済に良い結果が生まれていないという、調査結果も、報道されています。

ぶどうは、デザートなので、本来は食後ですが、松葉博雄はビールを飲みながら、ぶどうもいただいています。

後にいただくデザートを、先にいただくことは、順序が変わっていますが、今回の解散についても、消費税増税は、すでに法律で決まっているにも関わらず、解散で、国民にその信を問うのは、順逆に問題があるように思います。

このような、女性大臣二名の辞任により、衆議院を解散する原因になるのは、表面上の理由で、後になれば、もっと重大な問題が、隠されているのではないかと思います。

奥さんと、食事の時によく出る話題は、円の為替レートです。注目したときは、1ドルが80円以下でしたが、11月に入ると、今では1ドルは115円ぐらいまで、円の価値を下げています。

日に日に、解散は規定の路線のように、今更、後戻り出来ないように、前に進んでいます。

今夜の食事は、買い物に行く時間も、調理をする時間も、奥さんには不十分だったので、有る物を使った晩ご飯です。

政局も、このように、今ある政治課題を集めて、分析した結果、今解散することが、もっとも適切な時期であると考えての判断になります。

ここで不思議なのは、国民が知らされている、衆議院解散の理由と、政治責任者が考えている、衆議院解散の理由には、何かギャップがあるように感じます。

湯豆腐をいただくには、湯豆腐にお醤油をかけて、その上から、花カツオをかけると、味わいが良くなります。

この解散も、解散した後新しい議会で討論した方が、都合の良いような、まるで花かつおのような、政治課題が出てくるのではないでしょうか?

晩ご飯を食べて、一晩寝て、翌朝になると、日本経済新聞の朝刊には、いっそうはっきりと、安倍晋三内閣総理大臣が、衆議院を年内に解散しそうな報道です。

自分のことではありませんが、新人議員や、当選回数の少ない議員さんは、急に総選挙となると、これから準備が大変です。お金も掛かります。応援の協力要請もあります。暮れの忙しい時期に、大変です。

12月に当選すれば、お正月は美味しいお屠蘇が飲めそうですが、もし落選すれば、辛い年の瀬と、お正月になる議員に、誰かがなりそうです。

2014年11月11日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です