「美作屋 松茸直売所」で松茸を購入しました。

松茸を求めて、岡山県美作市の美作屋にやってきました。マツタケは、あるところには有りました。 岡山 (1)

マツタケを求めて、美作市にやってきました。今夜の宿は、「やさしさの宿 竹亭」です。

その前に、いつも覗く「美作屋 松茸直売所」に寄ってみました。

松茸を知り尽くした達人達が毎日収獲、採りたての松茸をお客様の食卓へ心をこめてお届け致します。

関美栄子さんの名刺をいただきました。親子でお店を開いています。

お店と行っても、美作屋のマツタケは、一ヶ月程度だけの短期的なお店です。

松茸を商うには、まず仕入れが必要です。まつたけの仕入れは、全て現金取引です。

松茸の仕入れには松茸を採ってきた人が、松茸をお店に持ち込んで、それを買い上げる方法があります。

美作屋の場合は、短期的なテントのお店なので、採取者がマツタケを持ち込むのを待つのではなくて、買い付けに、直接農家を回るそうです。

毎年、松茸が採れそうな場所があって、まつたけを採取に行く人に、連絡を付けて、岡山県一円を守備範囲として、仕入れに回っているそうです。

マツタケ採取には、厳格なルールがあって、自分の山であっても、地域の皆さんで、マツタケを採取する入札を行って、落札した人しか、山に入ってマツタケを採ることができません。

この時期の美作屋の松茸の仕入れ金額を聞いて、びっくりしました。1シーズンで、ウン千万円の仕入れをするそうです。

テントの脇には、化粧箱が山積みされていて、希望者には木箱の化粧箱に、松茸を入れ替えて、宅急便で届けるそうです。

11月の中旬になると、もう松茸はそろそろ終わりの頃になりました。店頭だけでなく、奥の方には、注文を受けたマツタケがありました。これは、依頼主の届け先に、発送する松茸です。

松葉博雄は、マーケティングを研究したので、つい、松茸についても、その仕入れから、値段付け、販売方法、決済方法、売れ残ったときの処分方法、顧客管理などについて、関美栄子さんに、根掘り葉掘り、聞いてしまいました。

あまりに、しつこい質問は、同業者と思われるので、あらかじめ名刺を渡して、決してライバルではありませんと、おことわりすると、信用してお話を聞かせてくれました。

兵庫県、岡山県、広島県は、かつてはマツタケの産地でした。それが、山の手入れをしなくなったり、山の木が、自然林から、桧や杉の計画林に変わったことで、マツタケはどこも、稀少性の高い、値段の高い、高級食材になってしまいました。

いつまでも あると思うな 親と松茸 になってしまいました。

2014年11月12日(水)