石巻の大川小学校の慰霊碑を訪れ、献花しました。

宮城県石巻市女川町の被災地を、訪れています。津波の犠牲者に、哀悼の意を表しました。 東日本へ出張(9)

石巻グランドホテルの朝です。昨夜は、かなり酔っぱらって、今朝は少し頭が重い状態です。

ホテルの朝ご飯は、1階ロビー横で、和食のバイキングです。

頂いたのは、笹かまぼこ、シャケ、切り干し大根の煮つけと、冷奴、海苔、味噌汁、白ごはんです。

勉強会のメンバーと一緒に、「石巻周辺の被災地をめぐる」バスツアーを、大街道コンタクトレンズの

森潔英社長が用意してくれました。

スケジュールでは、石巻グランドホテルから出発して、石巻専修大学(災害対策本部)、開成仮設住宅を通ります。

バスは停車しませんが、バスから、日本赤十字石巻病院(救難救急本部)を見ました。

訪れたのは、石巻市立大川小学校(児童教師74名犠牲)です。

震災と津波の、二つの災害なので、復興の工事は、治水工事が入っています。

北上川の両岸では、重機を使った土木工事が続いています。

堤防を利用した道路を、マイクロバスで走っています。行き交う車は、工事用の車両がほとんどです。

33号線を、左方向へ行けば気仙沼・桃生、右方向は雄勝町・北上です。

これまで、自然な河を、石を積んで、護岸工事をしているので、きっと生物体系は大きく変わると思います。蛍や、川魚などは、多分棲家を失うのではないかと思います。

2011年3月11日の、東日本大震災と、その後の大津波の報道で、大川小学校の映像を見たことがありました。あの、恐ろしい津波の被害を受けた、大川小学校に、来ているのかと思うと、胸が詰まります。

石巻市立大川小学校です。児童・教職員合わせて74名が、震災の犠牲となりました。

大川小学校被災児童鎮魂供養塔が、校門の、学校名の書かれた石塀の前に作られています。

供養塔は、今でも鉢植えの花で囲まれています。

コンタクトレンズの勉強会に参加した有志一同を代表して、松葉博雄が、献花をしました。

風があり、お線香に火を点す準備が、なかなか進まなく、お線香の火が点くまで、しばし待っています。

前の、2011年3月11日の、東日本大震災と、その後の津波で亡くなった方に、ここに哀悼の意を表し、慎んでご冥福をお祈り申し上げますと、ご挨拶を述べて、お花をお供えしました。

大川小学校での避難の誘導が、不適切であったと、父兄の方から訴えも出ているそうです。

予想もしなかった大津波の中で、奇跡的に命を守れた児童も、いたそうです。

もう少し、奥に進んで、当時のまま保存されている、大川小学校の校舎の方に進んでみます。

大川小学校のすぐ裏には、小さな山があり、山には木が沢山茂っています。

後から考えれば、この山に、児童達が登って逃げていれば、津波にさらわれることがなかったそうです。

地震から、津波が来るまで、およそ50分あったそうですが、この50分の間の判断が、大きな被害を招いています。

大川小学校の後ろの山のそばに、慰霊碑が作られています。この慰霊碑には、大川小学校の児童だけでなく、この付近の町民の犠牲者も、名前が刻まれていました。

幼い子供を持つ親の身になれば、悔やんでも、悔やみきれない結果になってしまいました。

今日の女川町の空は、雲が薄く垂れ込め、ゆるやかな風が吹いて、やや北国の雰囲気があります。

大川小学校の前には、広い道路があり、道路には復興のための、作業用の車が、絶え間なく行き来していました。

大川小学校のすぐ前には、北上川の河が流れています。この辺りは、河口に近く、川幅も広くなっています。

大川小学校の近くの新北上大橋です。この新北上大橋は、津波のために、橋の半分が壊滅したそうです。

橋のたもとには、犠牲者への慰霊碑と、観音様の像が建てられていました。

橋の周辺は、復興工事に励む作業車が、絶え間なく行き来しています。

2014年10月23日(木)