博多のもつ鍋と言えば、「なかむら」と「やま中」です。代わりに通販の「若杉」で、博多もつ鍋セットを娘が贈ってくれました。

博多もつ鍋の「なかむら」と「やま中」に、行ってみたいな。越後屋でもいいいから、博多にもつ鍋を食べに行ってみたいな。

博多のもつ鍋を、松葉博雄と奧さんと娘の三人で、仕事の後、自宅で夕食に頂きます。

このもつ鍋は、 「博多やきとり・もつ鍋若杉」の牛もつ鍋セットで作ったもつ鍋です。

「博多やきとり・もつ鍋若杉」は、株式会社Skywardが経営している会社で、代表取締役は松尾直幸さんです。

福岡で有名なもつ鍋は、庶民派なら、福岡県福岡市中央区にある「なかむら」で、高級志向なら福岡県福岡市南区の「やま中」です。

なかむらとやま中では、通販で、もつ鍋が購入できないので、若杉で娘がもつ鍋と水炊きのセットを贈ってくれました。

国産牛もつ、スープ、胡麻、ちゃんぽん麺、柚子胡椒がセットになっています。

ホルモンは、ミックス、厚切り小腸から選べます。スープは、醤油、あごだし醤油、味噌、塩とんこつ、チゲ、ぽん酢から選べます。

少し具材を足すとすれば、キャベツとニラ、もやしです。

同封されていたパンフレットには、「ご家庭でも美味しいもつ鍋の作り方」が載っていました。

博多若杉は、通販が中心で、リアル店舗はないようです。

「ご家庭で美味しいもつ鍋の作り方」に沿って、もつ鍋を始めます。

いつもの鍋奉行は、松葉博雄です。

これから気温が下がって、秋から更に冬になってくれば、博多からもつ鍋セットを取り寄せたいと思います。

今夜は、その前のお試しです。お試しで美味しければ、この冬は、積極的にもつ鍋や、水炊きセットを取り寄せたいと思います。

もつ鍋は、博多で生まれました。

戦後の頃、福岡市内で誕生し、鉄鍋がなくクニャクニャのアルミ鍋で、もつとにらが醤油味のたれで炊かれていた事が、始まりと言われているそうです。(福岡の飲食ご紹介公式サイトより)

以前、福岡の企業調査に、大阪府立大学の北居明先生とご一緒したとき、越後屋で、もつ鍋を食べた思い出があります。

三人でお喋りしながら、もつ鍋を頂いて、その後はそばを入れて、ご飯の代わりにしました。

時間が経てば、もつ鍋のスープは味わいが濃くなって、ますます美味しくなるので、これを薄めて、スープにして飲みたいところですが、塩分が濃いので、娘に「飲んじゃ駄目」と注意を受けると、飲むのを思いとどまりました。でも、少し未練が残ります。

2014年9月23日(火)