明石海峡大橋と、神戸が見える、淡路島岩屋の高台に、別荘地を探すように、友人に頼まれています。

淡路島岩屋の別荘地は、なかなか売り物件はありません。売っても良いといわれる、海の見える高台は、急斜面です。2014年9月淡路ツアー (2)

岩屋地区をドライブです。 金崎農園で無花果を買って、その後フローラルアイランドで野菜を買って、お昼になると昼食の時間ですが、松葉博雄の奥さんから、ぜひあのお店という、リクエストがありました。

それは、岩屋のRelaxです。今日は、12時前なので、これならひょっとすると、席がとれそうと、期待して行ってみました。

Relaxの駐車場には、まだ車は一台も止まっていません。期待を込めて、Relaxに入ってみましたが、始まる前からもう、予約で満席だと言われました。なかなかRelaxで食事をする事が出来ません。

なんでこんなにも人気なのか、それは、明石海峡大橋がすぐ側に見える、景色のすばらしさです。

思い出したのは、友達から、海が見える高台の、淡路島の別荘を探してほしいという依頼です。なかなか、別荘を探す時間がないので、この近くの空いた土地を探しに行ってみます。

以前に見つけた素晴らしい眺望の場所は、すでに売約済みになっていました。

インターネットで調べた、不動産屋さんの案内にある空き地に行ってみました。ここは、左手方向に少しだけ明石海峡大橋が見える場所です。

高台なので、付近に日常生活のための、食べ物屋さんや、飲食店などはやや離れた場所にあります。車がなければ、歩いて上がってくるにはやや急な坂です。

もう一軒、インターネットで知った場所があります。ここは、明石海峡大橋がすぐ側に見えます。地価もかなり高く、値段が折り合わなければ、急いで売らないという姿勢です。

岩屋の海が見えて、橋が見える場所は、過密住宅地帯になっています。みなさん、誰もが海が見える日当たりの良いところに、家をほしがっているようです。

これに対して、土地の供給は少なく、神戸の住宅地のように、少々道が狭く、交通の便の悪い高台でも、かなりの土地の値段がついています。

しかも、かなり販売区画の広さは、狭くなっています。

一応、写真を撮ってきたので、これを友達に伝えて、見て貰います。値段も分かった範囲内で伝えます。これで、気に入れば、松葉博雄は不動産屋さんを訪ねて、友人の代わりに交渉に当たります。

もし、この場所へ友人が別荘地を見つけて、別荘を建てるようになれば、家が空いたときは、貸して貰えます。よろしくお願いします。

2014年9月25日(木)