JA東とくしまの、勝浦川の天然鮎と、コーナン産直館 淡路東浦店の天然鯛を、炭火で焼きます。

玉ねぎの炭火焼き丸焼きは、芯まで焼けました。焼きトウモロコシは、砂糖醤油を刷毛で塗って焼くと、香ばしい香りが匂ってきました。

JA東とくしまの「よってネ市」で買ってきた、アユと鯛、そして野菜を、炭火で焼きます。炭火で焼けば、魚は格段に味が良くなります。

炭火で焼くには、炭火を起こす作業があります。これは意外に、手間の掛かる作業です。

炭火は、携帯簡易コンロを使って、着火させました。十分炭の火が強くなると、今度は、コンロに移し替えます。

炭火の用意が出来ると、最初は、鯛から焼きます。この鯛は、淡路市のコーナンで買った鯛です。

天然鯛なのに、格安でした。格安と思うのは、神戸の値段に慣れているから、淡路の値段が安く感じるだけです。

鯛が焼き上がると、次は、アユの番です。鯛は、表面の皮が剥がれることなく、綺麗に焼き上がりました。

アユは、7匹です。これを、出来るだけアユの皮を剥がさないように、上手に焼こうと思っています。

ところが、ちょっとさぼって、失敗してしまいました。早く焼こうと思うあまり、遠火で焼かなくて、近火でアユを焼いたために、ほんの数分で、アユの表面は、焦げてしまいました。

炭火コンロに向かって、一生懸命魚を焼いていると、いつの間にか、夕暮れてしまいました。周りは暗くなり、照明が無ければ、手元は暗くて見えなくなりました。

炭が足りないと思っていたら、アユを焼いた後も、まだ、火力が残っていたので、残りの鯛も、この際一緒に焼いておきます。

鯛を焼くのに、時間が掛かるのは、お腹の部分です。そこで、鯛を立てて、お腹の部分が炭火に当たるように、鯛の位置を変えてみました。

次は、淡路特産の、玉葱です。玉葱を、球根のまま、焼き芋を焼くような調子で、炭にいれてみました。

たまねぎを炭火に入れている、上の網棚では、野菜を焼きます。立てかけた鯛と一緒に、ナスビとトウモロコシを焼きます。

茄子は、焼くととても美味しくなるのです。諺に、焼きなすは嫁に食わすな、と言います。違っていました。「焼きなす」でなく、「秋なす」でした。

では、どうして秋ナスは嫁に食べさせないのでしょうか?言い伝えでは、秋ナスは、嫁の体を冷やして、子供を産むには害になるからという考えのようです。

とうもろこしには、砂糖醤油を刷毛で塗って、焼いています。周りに、甘い香ばしい香りが漂ってきました。これなら、外の通行人にも、焼きトウモロコシの匂いが伝わっていきそうです。

鯛4匹は、上手く焼けました。鮎7匹は、焦げた鮎もあれば、綺麗な鮎もあります。

いよいよこれから、炭火料理をいただきます。玉葱は、ほどよい柔らかさに、芯まで焼けました。

こんなに沢山、松葉博雄と奥さんの二人で、食べきれる訳はありません。こんな時に、子供達がいれば、孫達もいれば、一緒になって、美味しい美味しい、炭火焼き料理がいただけるのですが、残念です。

では、大好きな鮎の塩焼きをいただきます。鮎の塩焼きの上には、減塩のために、醤油の代わりに、スダチの果汁をかけます。

ご飯は、よってネ市で、ばら寿司を買ってきています。

勝浦川の天然アユは、お腹の中に、苔を食べた味と、苔に混じった砂砂利が残っていました。

今日は、とっても美味しい炭火焼き料理で、大満足です。

2014年9月18日(木)