徳島のすだちを顧客サービスに用意しました。

徳島のすだちを、よってネ市で買ってきました。恒例のすだちプレゼントにお客様は大喜びです。すだちがあると、お料理が抜群に美味しくなってきます。

恒例のすだちプレゼントです。毎年、メルスプランのお客様に、松葉博雄が四国に行き、直接購入してきたスダチをプレゼントしています。

四国で一番すだちが多いのは、徳島県です。以前2012年には、徳島の神山町のすだち農家を訪れたことがあります

今年のすだちは、勝浦町のJA東徳島よってネ市で購入したすだちです。

沢山のすだちを購入して帰ると、次の作業は、パック詰めです。事務所の沢山の人の手をかりて、すだちをクリアパックに入れていきます。

ただ単純に、クリアパックに入れているのではありません。ある程度は、重さを揃えて、各パックが均等になるように、すだちのサイズを選んでいます。

今回、松葉博雄が考えたのは、すだちのパックに、桧の葉を敷く事です。桧の葉を敷くことで、一段と産地から買ってきた雰囲気が出てきました。

クリアパックには、シールを貼ります。シールには、すだちをご用意しました。秋刀魚など焼き魚や焼酎にお使い下さいと、記載しています。

パック詰めが出来、シールを貼り、すだちが桧の葉と一緒に入ると、次はビニールテープでクリアパックの口をくっつけます。

これで完了です。一つ作るにも、かなりの作業で、これはどこかで見たような光景です。そうです。淡路島のびわ農家が、びわの選別と出荷作業で、こんな作業をしていました

社員の皆さんからは、桧の葉を四国から持って帰った事を、良いアイデアだと評価されました。

準備が整ったので、9月20日と21日の土日に、顧客サービスとして、プレゼントします。

すだちの実は、青いままお配りするのが上等です。しかし、少し置いておくだけで、瞬く間に黄色く変色してきます。

もし、すだちがこんなに早く変色しなければ、もっと沢山のすだちを徳島で購入してきて、一週間も、二週間もプレゼントを続けたい気持ちです。

社員の皆さんへも、すだちのプレゼントを用意しました。

すだちは、あればとっても重宝な食材です。すだちの果汁を食材にかけると、味がぴりっとしてきます。魚でも、漬け物でも、お酒でも、美味しくなります。

松茸の土瓶蒸しには、すだちがあるのとないのとでは、格段に雰囲気が変わってきます。松茸のおつゆには、豆腐と春菊がかならず必要ですが、すだちの皮を少し添えるだけで、松茸が水を得た魚のように、生き生きとしてきます。

2014年9月19日(金)