四国霊場 第三番 金泉寺のお詣りです。

四国霊場 第三番 金泉寺の本尊は釈迦如来です。  徳島 (20)

 四国霊場 第三番 金泉寺に来ました。亀光山(きこうざん)釈迦院(しゃかいん)と号し、本尊は釈迦如来です。

 「おへんろさん道しるべ」という看板がありました。この辺りは、札所が近くに繋がっているので、この地区だけをタクシーで回るサービスもあるようです。

順番通りに回るか、近いところから遠いところに向かうのか、効率的な参拝方法を考えるように、看板が出ています。

金泉寺公式ホームページによると、聖武天皇(在位724〜49)の勅願により行基菩薩が寺塔を建立し、「金光明寺」と命名されたと伝えられる。

そのころの本尊は高さ約91センチの釈迦如来像で、脇侍に阿弥陀如来、薬師如来の三尊像を安置して開基したという。

弘仁年間(810〜24)になって弘法大師が四国を巡教された際、村の人たちが日照りに苦しんでいるのを見て、この地に井戸を掘られた。

この井戸から湧き出た水は霊水で、「長寿をもたらす黄金の井戸」とされ、寺名の「金光明寺」を改め、「金泉寺」とした。

その後、亀山天皇(在位1259〜74)が法皇になられ、弘法大師を篤く信仰されて各地の霊跡を巡拝、金泉寺にもしばらく滞在された。

その間に、京都の三十三間堂(蓮華王院)に倣った堂舎を建立し、1,000の千手観音像を祀られ、背後の山を「亀山」と命名し、山号も「亀光山」と改めた。

この堂舎には経蔵がおかれ、学僧たちで賑わったそうです。

以来、皇室との縁が深く、長慶天皇(在位1368〜83)の御陵も本堂裏にある。また、源平合戦(元暦2年=1185)のおり、源義経が屋島に向かう途中に金泉寺に立ち寄り、戦勝開運の祈願をしたと『源平盛衰記』に伝えられている。

本堂の左手にある慈母観音子安大師は、義経の祈願所ではあるが、境内西隣にある「弁慶石」もその一つで、義経が弁慶の力試しに持ち上げさせたと伝えられている。

すこやかに育てと願う親心の観音菩薩。いまも人生の開運を願う参詣者が多く訪れる。

(以上金泉寺公式ホームページより)

本尊真言は、「のうまくさんまんだ ぼだなん ばく」です。

 仁王像の右も左も、比較的新しい、モダンな作りです。

天皇家とゆかりが深いと案内があったように、菊のご紋が随所にありました。

かなり荘厳な雰囲気が出ています。

あの石段、上ろうかどうしようか、迷いましたが、無理をしないで、上るのを止めました。

参拝客に対して、礼拝の作法を教える男性が、休憩所に座っていて、誰かが訪れてくると、なんとなく参拝客の側に行って、お線香やろうそくの立て方を指導しています。

ゆっくりと、境内のお堂を巡って、回ります。

デジカメのバッテリー不足は、片山正喜さんから借りた充電器で、再びデジカメは使えるようになりました。

社長研究室を始めたのは、2004年からですが、当時と比べて、デジカメの性能は格段に良くなりました。メモリ量も増えて、旅行の途中でメモリ不足という事態はなくなりました。

しかし、今でも続くのは、写真を撮りすぎると、バッテリー不足になることです。

第三番札所 金泉寺を出て、鳴門に向かっている途中、以前にお客様にプレゼントするためのすだちを購入した、JA徳島北板東直売店に来ました。

そろそろすだちが、店頭に出始めたのかどうか、JA徳島北板東直売所に寄ってみます。

徳島のおいしい梨が出ていました。これは、持ち帰り用に購入です。

すだちも、ぼちぼち出ています。ただし、最盛期のような、安い値段ではありません。

店番の担当者に、すだちの最盛期はいつ頃ですかと尋ねてみると、9月の下旬頃のようです。

あれも買いたい、これも買いたいと、徳島の新鮮野菜と果物を前にして、選ぶのに迷います。

梨は、1ケース買うことにしました。人気が良いからです。美味しいからです。

そろそろ鳴門市が近づいて、JR鳴門駅が、片山正喜さんとのお別れの場所になります。もう少し、四国巡礼の霊場があれば寄ってみたいと思います。 

2014年8月28日(木)