剣山のあるつるぎ町は、巨木の町です。

剣山から、帰りに、天然記念物 葛籠のヒノキと、道の駅 貞光ゆうゆう館に立ち寄りました。  徳島 (12)

剣山から、観光リフトに乗って、麓の駅に降りる頃、デジカメのバッテリーが切れてしまいました。

観光リフトの下りの写真も、いっぱい撮ろうと意気込んでいたのに、残念です。

片山正喜さんは、充電用のバッテリーを持っていました。これで、走行中にデジカメの充電が出来るようになりました。何だか、諦めていたことが問題解決したようで、気分が軽くなりました。

国道438号線沿いを走っています。走行しながら、標識を捉えて確認した、今走っている現在地は、徳島県美馬郡一宇村桑平です。

徳島県美馬郡つるぎ町の、「土釜」です。徳島県から天然記念物に指定されている名所です。ここの所有、管理者は、つるぎ町教育委員会です。

一の釜、二の釜、三の釜と、水門が連なっていて、そこへ水が落ちていく様は、珍しく、美しい風景を作り出しています。

今回、剣山の周辺を走ってみて、滝が多いことに驚きます。秋になれば、周辺は紅葉してきて、もっと素晴らしい滝の景色になりそうです。

帰りのドライブの途中、標識を見つけました。天然記念物 葛籠のヒノキです。徳島県美馬郡つるぎ町では、山の神とされているご神木です。帰りのルートから、少し寄り道して、神木に行ってみます。

そばで見ると、大変な巨木です。よくまぁ、伐採されずに生き延びたものだと思います。高い木には、雷が落ちる事も多く、台風の風が、巨木でも倒してしまうことがあります。神木になるためには、色々な試練があって、それを生き抜いたことが、神木たるゆえんです。

「立ち入り禁止 根元保護のため、柵内には立ち入らないで下さい」と、赤い、目立つ表示がされています。

天然記念物 葛籠のヒノキについて、「つるぎ町WEBサイト」に、詳細がありました。

「幹周り5メートル。樹高24メートル。標高610メートル。徳島県1位。四国8位。地元では山の神とも呼ばれ、樹勢は良好で、太い樹幹から、多くの枝を荒々しく伸ばしている。約50年前にこの辺で火事があり、このヒノキも一部焼けたが、専門家の指導により再生した。」と、記載されています。

ご神木から、霊気をいただきました。何百年も生き抜いた巨木には、何とも言えない霊気があります。その霊気をいただきました。

片山正喜さんの充電器から、デジカメの充電が出来たので、このご神木を撮影することが出来たのも、感謝です。

進行方向の左は、国道438号線沿いに貞光へ行く方向で、右は国道260号線で木屋平へ向かいます。

剣山に向かったときのルートより、今走っている下山の時のルートの方が、道幅にゆとりを感じます。

あれ、こんな所に、自由民主党の後藤田まさずみさんの選挙用ポスターがありました。

道路の下の渓流の、水の綺麗なことに、ため息が出るほどです。こんな川で泳いでみたい、遊んでみたい、潜ってみたいと、遊び心が燃えてきます。

ここは、県道261号線沿いの、 菅生伊良原線 一宇 伊良原 です。

松葉博雄が一人だけ見るのはもったいないので、車の中にいる、奥さんと、片山正喜さんに呼びかけました。

しかし、二人は、車の中から出てきません。かなり、登山で疲れたのでしょうか?

こんな光景こそ、秘境でしょうか?ネオンもありません。電柱もありません。商業用の看板もありません。今のこの景色が、そのままカレンダーの写真になりそうな、自然な美しさが残っています。

直進すると、国道438号線 貞光方面で、左折は、県道261号線沿いで、菅生方面です。

街道の宿場町なのか、道幅の狭い町に、昔のままのおうちが立ち並んでいます。

この辺りでも、山の中腹より、さらにその上の部分にまで、民家が建っています。あんな高いおうちに戻るのは、大変だろうなと思います。

剣山木綿麻(ゆうま)温泉が500メートル先にあるようです。美人の湯もあります。つるぎ町WEBサイト 観光情報によれば、場所は、つるぎ町貞光字長瀬127-2 になっています

次第に道幅が広くなってきました。川幅も広くなってきました。そうなると、家並みも増えてきました。

国道192号線沿いに進めば、1キロ先に、道の駅 貞光ゆうゆう館、貞光ゆうゆうぱーくがあります。

つるぎ町は巨樹王国と言われていて、杉、桜、トチノキ、シャクナゲ、カゴノキ、エノキ、アカマツなどの、大きな樹木が沢山あり、それぞれの生えている場所が名所になっています。

道の駅 貞光ゆうゆう館に到着しました。

期待して、道の駅 貞光ゆうゆう館に入ったものの、買って帰りたいものが、あまりありません。もう、すだちが出ています。吉野川産 スダチは、1パック130円で、安いなぁと思います。

手造り田舎こんにゃくは、日持ちするので、お土産には最適です。

鮎を期待していましたが、アユの塩焼きや、アユの保存食は、並んでいませんでした。

道の駅 貞光ゆうゆう館を出て、今夜の宿に向かいます。

2014年8月27日(水)