大剱(おおつるぎ)神社は、縁結びの神様です。「天地一切の悪縁を絶ち 現世最高の良縁を結ぶ」と書かれています。

安徳天皇の剱を剱神社に納めたという説があります。剣山も、剱神社も、安徳天皇の剱にゆかりがあるようです。  徳島(10)

 剱神社のある、剱山の頂上部分は、亜寒帯植物が茂る高い山です。気候が悪ければ、じっとしていられない険しい場所です。

植物にとって、この過酷な山岳地帯で生きていくためには、この環境に適応することです。

苔は、輝くような美しさを持っています。まるで、京都の苔寺のような美しさです。それは、この地が、雲が立ちこめて、湿気が多く、苔が生殖しやすい環境だからです。

おや?と、驚くような花を見つけました。これはひょっとして、トリカブトでしょうか。あまり、良いイメージがあるわけではありませんが、綺麗な花には毒があるというように、美しい花です。

木は、雷や風に倒されて、立木が折れてしまっている木もありました。倒れたまま年月が経過し、倒れた木にも、ビロードのような苔が、木の傷口を、まるで布で覆い隠すように、カバーしてくれています。

この木は倒れたとき、音がしたのでしょうか。禅問答に立木が倒れたとき、音が聞こえるかという問いがあります。

風をよけて、低い高さで風をやり過ごしている、シコクフウロが咲いています。

今日の剣山登山は、実に軽装で来ています。よほどお天気が良いので、軽装でも問題はないのですが、少し気候が変わってくれば、高い山に登るときには、それなりの装備が必要です。

 片山正喜さんは、先頭をやや早く歩いて、先に先に進んでいます。松葉博雄と奧さんは、斜面に足を取られて、滑らないように慎重に後を追っています。

目的地の大剱神社に到着しました。大剱神社の屋根の上部に大剣岩が見えます。この岩がご神体です。

大剱神社は、なんと縁結びの神様だそうです。どうして縁結びになったのかはわかりません。「天地一切の悪縁を絶ち 現世最高の良縁を結ぶ」と書かれています。よっぽど、良縁を結ぶ自信があるようです。

松葉博雄の場合は、良縁よりも、家族の健康と、事故がないことをお願いしました。お守りを売っていました。でも、留守番が居なくて、お札を買ったので、代金はお賽銭箱に入れさせてもらいました。

このあと、野点をするときに汲む、御神水の説明を読みました。

「病気を治す若返りの水として有名な御神水は、この下九十米にあります。御神水を汲んで少し下ると遊歩道です。それを右へ行くと、リフト乗場へ行けます。お水の容器は御守売場にあります。」

御神水を目指して、下っていきます。この下りも、急斜面です。鹿の害を防ぐために、ネットが張られています。

先ほどのご神体を、下り斜面から見てみると、かなり荒々しい岩の形です。こんな荒々しい岩肌は、沖縄に行くと良く見かけます。

クマザサが茂っています。しかし、このクマザサは、引き抜いて帰らないようにと、警告がありました。

急斜面を降りていくと、ご神体はだんだん小さくなっていきます。ご神体には、しめ縄が張られていませんでした。

灌木の根にまで、苔がびっしりと生えています。かなりの湿地であることがわかります。雲が水分を運び、木の木肌に水分を吹き付けるのでしょうか。

大剱神社に書いてあった、名水まで90mです。どのように測って90mなのかわかりませんが、90mよりは、距離が長いように感じました。 

2014年8月27日(水)