中国4大銀行に、不良債権の影が出ています。

メダカに餌をあげて、朝刊を読んで、奥さんが用意してくれた朝ご飯を頂きます。卵は、目玉焼きにして頂きます。

中国経済には、バブル崩壊の心配が報道されています。日本経済新聞の記事を見ながら、朝ご飯です。食卓には、今朝咲いた朝顔の花がコップにいけられています。

新聞を見ながら食事をしているのではありません。正しく言えば、朝起きると、まず、庭のメダカに餌をあげます。メダカは、随分増えました。そして、メダカの子は随分成長しました。

朝、メダカの子にかつおぶしの粉や、ゆで卵の黄身を一旦冷凍して、冷凍した黄身を少しずつ水でほぐしたものを、メダカの子の口のサイズに合うようにして、あげています。

その後、部屋で新聞を読んで、そして食事になります。朝ご飯の卵は、目玉焼きにするか、生卵にするか、奥さんに尋ねられます。その日の気分で、卵の食べ方を選んでいるのですが、積極的に生卵が良い日と、バリエーションを替える為に生卵にする日と、どうでも良い日があります。

どうでも良いときに気のない返事をすると、奥さんに注意を受けるので、出来るだけ、考えて考えた末、生卵にしましたという態度が必要です。態度が良ければ、朝ご飯を作る気持ちにも張りが出るものです。

出来るだけ小魚や、ちりめんじゃこを頂くようにしています。どんな食べ物を食べたらいいのか、講習を受けて帰ってきた娘の言うことには、結局、松葉博雄が食べているようなメニューが、科学的にも良い事が分かったようです。

8月も終わりになってしまい、いつもの年よりは雨の日が多く、気温が下がっています。気温が下がると、台所では、ぬか漬けの漬かり方が悪くなっているそうです。

このなすびのぬか漬けの色具合は、なんと良い事でしょうか。実は、隠し味があるのです。味というのか、着色の為の各自材料というのか、良くなったのに工夫があるのです。

それは、8月の始めの頃、弘前、青森、盛岡に行った時、花巻空港で、南部鉄瓶のお土産品の中に、ぬか床に入れる砂鉄を見つけて、砂鉄を入れる事によって、鉄分が加わり、ぬか漬けのなすびの色が格段に良くなったのです。

トマトをつけているのは、カリウムの摂取の為です。ハマグリのしぐれ煮は、肝臓の機能強化の為です。

気になる中国の不良債権の事ですが、中国の余ったお金が、不動産投資に向かって集まり、不動産価格の値上がりを期待します。でも、いつまでも上がり続ける事はなく、いつか陰りが出てきます。

その不動産に陰りが出来ると、当初期待していた利回りが、期待通りでなくなり、資金の回転が悪くなってきます。

これは、日本でも経験したことです。いわゆるバブル崩壊です。更に、リーマンショックの時のサブプライムローンで経験したことです。

朝ご飯の後は、季節の果物です。もう、梨とブドウがお店に並ぶ季節になりました。今日は、8月末で、気持ちの上では夏の終わりです。なんとなく夏の終わりは、寂しさを感じていたのは若い頃の話です。今は秋の涼しさや、美味しい秋の実りを期待する年になってしまいました。

2014年8月31日(日)