メニコンの田中英成社長の表敬訪問がありました。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

メニコンの田中英成社長は、日本コンタクトレンズ協会の会長でもあります。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

日本コンタクトレンズ協会会長で、メニコンの田中英成社長が、さんプラザコンタクトレンズに来られる日です。

これまでも、田中英成社長が、我が社に来られたのは、相当数ありますが、社長研究室で記載しているのは、2011年2月2008年8月2006年6月2004年9月です。

田中英成社長を、お迎えするために、準備が進んでいます。

お約束の時間に、田中英成社長は、九鬼真之部長と、城戸洋子部長の二人と、ご一緒に来られました。

城戸洋子部長と、前回お会いしたのは、沖縄です。当時の役職は、メニコンカスタマーセンター長でした。

城戸洋子さんの現在の役職は、経営戦略室 広報秘書&文化事業部部長です。

親善訪問なので、特に込み入ったビジネス上の課題はありません。世間話が中心です。

今年の7月から発売された、メニコンが初めて発売する、サークルレンズ「Rei」の話です。メニコンの企業理念では、サークルレンズは、理念にそぐわないという意識がありました。

しかし、サークルレンズを含む、いわゆるカラコンには、国民生活センターが指摘するように、眼障害に繋がる例が、沢山報告されています。

理念に捉えられて、眼障害を回避する務めをしなければ、却って、メニコンの社会的責任が全うされないのではないかと考え、メニコンとして、きちんとした素材で、きちんとした販売ルートで、優れたサークルレンズを開発することになりました。それが、今回の「Rei」です。

サークルレンズが悪いのではなく、サークルレンズを安直に流通させることが、眼障害に繋がると考え、Reiはメルスプランの流通ルートに絞り、信頼性の高いメルス加盟店に、絞っています。これが、メニコンが大切に考える、「安全哲学」の考えです。

田中英成社長は、さんプラザコンタクトレンズの1階店、サービスショップに立ち寄り、中のスタッフにも、メルスプランをよろしくと、声掛けをされました。

Reiのイメージキャラクター、有村架純さんの人気は、とても高い人気です。これまでの、榮倉奈々さんと、少し違うイメージで、Reiのモデルに選んだそうです。

沢山の方が、サービスショップの前を通過されていますが、まさか、今ここに、メニコンの社長が立っているとは、誰も気が付きません。

田中英成社長の後ろには、メニコンのReiのモデル役である、有村架純さんの映像が、映っています。まさに、ピッタリの構図です。

田中英成社長は、日本コンタクトレンズ協会会長でもあります。

協会としては、コンタクトレンズ普及の社会的責任を考える立場でもあります。

これから、ビジネスランチです。少し距離がありますが、オリエンタルホテルまで、炎天下の中を歩いて頂きます。神戸は、炎天下でも風が吹くから、他よりは涼しいと言われていました。

2014年8月19日(火)