神戸と言えば、神戸ハーバーランドです。

神戸ハーバーランドといえば、神戸港クルーズのコンチェルトです。

神戸ハーバーランドといえば、ポートタワーやコンチェルトがあります。

神戸ポートタワーは、平成26年12月1日に恋人の聖地に選定されました。
「恋人の聖地サテライト」は、NPO法人地域活性化支援センター(静岡市)が「少子化対策と地域の活性化への貢献」をテーマとした『観光地域の広域連携』が目的の「恋人の聖地プロジェクト」で、平成18年4月1日より、全国の観光地の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを選定しています。

今日は、夏の夜の涼を求めて、神戸ハーバーランドumie『umie Splash Fantasia 2014』に来ています。

ちょっとだけ、プチ航海を楽しむには、神戸港巡りがあります。その神戸港クルーズの、コンチェルトが出航します。

気の利いたデートなら、ちゃんとコンチェルトを予約して、神戸港に出て、海の夜風に当たりながら、海から六甲山を見ながら、神戸の夜景を見ながら、気の利いた台詞を言うのも、1つの提案です。

明石海峡大橋まで航海して、神戸港に戻って来る頃には、二人の仲は、より相互理解が進んでいるはずです。

コンチェルトは、プロポーズにもお勧めのデートコースです。

プレゼントも必要です。神戸は世界的に真珠(パール)の集積地です。新しいデザインのネックレス、イヤリング、ブローチ、指輪などが、沢山選べます。

選んだ真珠を、まん丸い真珠と同じ、大きい大きい、まん丸いお月様が出る日、つまりスーパームーンの日に、こっそり用意していて、スーパームーンが出る頃から、中天に上がるまでの間にプレゼントすると、きっと想いは通じます。

毎月見る月は、同じように見えても、実は、地球と月の距離の関係で、月と地球が最短距離になるような、スーパームーンの月があるのです。

滅多にない日、つまりチャンスです。こんなチャンスを活かして、コンチェルトに誘いましょう。

誰でも、意外性には感動します。それを、前もって計算して、いかにも偶然のように演出するのも、デートが上手くいくテクニックです。

そして、あたかもこの天然現象は、二人にとって必然的なものであるかのように、運命であるかのように、話の論理展開をすれば、益々「そうなんだ!」と、思い込むはずです。

神戸港の観光資源が、皆さんに認められるのは、デートの時だけではありません。家族連れの方も、神戸に遊びに来た方にも、神戸港が素晴らしい所であることを、認めてもらえるイベントがあります。

それは神戸を象徴する、六甲山系の中腹に、光り輝く市章のマークと、それを背景にして、ネオンに輝く神戸ポートタワーです。

このショーの名前は、神戸ハーバーランドumie『umie Splash Fantasia 2014』です。

霧を吹いたり、水の柱を吹き上げたりして、そこに光を当て、光を操っているようです。

開催期間は、2014年8月8日(金)~24日(日)で、時間帯は、13:00~、15:00~、19:30~、20:30~の、それぞれ約10分間位です。

umieモザイク海側の高浜岸壁で開催されています。無料で見られます。

「水・光・音楽が一体となった、体感型エンターテインメント」で、観客に、夏の暑さを忘れて楽しんでもらおうという企画のようです。

夜の港の潮風に吹かれるのも、夏ならではの風情です。

これが、寒い冬なら、暗い港のブルースになります。

しばらくすると、あのプチ航海のコンチェルトが帰ってきます。

港の夜は、更に夜が更けていき、昼間の喧噪から、夜の二人の世界に変わる時間です。

通天閣の下に住んでいる人が、通天閣には滅多に登らないように、奈良の東大寺の近くに住んでいる人が、大仏様に滅多に拝顔に行かないように、神戸に住んでいる人も、滅多に夜の神戸港には行っていません。

神戸には、沢山の観光資源があります。もっと沢山の観光資源を訪ねて、紹介したいです。

 

2014年8月11日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です