初めてのねぷた祭りです。初めてのねぷた祭りは、弘前で観ました。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

初めてのねぷた祭りです。弘前と青森では、ねぷたとねぶたの違いがあります。 青森・盛岡(4)社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/メニコン

初めてのねぷた祭りを観るために、すずめのお宿で美味しい和食をいただいた後は、タクシーをお願いして、アイコンの荒木一敏社長と一緒に、ねぷた祭りの会場となる、土手町商店街に戻ります。

アイコンのお店は、土手町商店街に面していて、ねぷた祭りの行列が、お店の前を右手から左手に、次から次へとパレードのように、山車が移動します。

アイコンさんでは、毎年このねぷた祭りの時には、お店の前に接待所を設け、多くのお客様に、軽食や、お酒やワイン、ビールなどで、おもてなしをされるそうです。

ねぷた祭りの時は、ビジネスは、早じまいです。お祭りに押されて、商売が後ろに隠れてしまいます。

辺りが暗くなって、雰囲気が出てきました。いよいよねぷた祭の鑑賞です。ねぷた祭は、毎年曜日に関係なく、8/1~8/7に開催されているようです。

その地域の町内会や、有志、ねぷた愛好会、医師会などが、団体ごとにねぷたを運行して、弘前市内を練り歩きます。

青森は「ねぶた」で、弘前は「ねぷた」と、それぞれ呼び分けているようです。なぜ、このように呼び分けているのでしょうか?

ねぶた、と、ねぷたの起源は、元を辿れば同じ「眠り流し」です。「眠り流し」は、昔の人の、農作業の辛さからくる眠気や、災厄を水に流すという意味で、

「眠り流し」→「ねむた流し」→「ねぷた流し」と訛ったのが、「ねぶた(ねぷた)」になったと言われています。

初めて観る、ねぷた祭りの行列は、太鼓の音も勇ましく、衣装も普段見られない、目を引くような衣装です。踊りがあるのかと思うと、行列には踊りはありませんでした。

アイコンさんは、ねぷた祭りのために、お客様に配っているアイコンのうちわがありました。

青森のねぶたは、とても大きな山車燈籠を大人数で踊りながら引く、ダイナミックな動きが魅力の祭りです。

一方、今回観覧に来た、弘前のねぷたは、扇形の山車燈籠に描かれた芸術的な武者絵を、ゆっくりと見せながら練り歩く、雰囲気のある祭りです。

夏の夜空に、美しい燈籠の絵が浮かび上がります。このねぷたは、毎年一回限りの使用で、祭りが終わると、絵が描かれた和紙の部分は剥がされ、骨組みだけになります。

もったいないですが、次の年は次の年で、毎年違う絵を描いて、団体毎に競うことになるそうです。

正面の絵は「鏡絵」、後ろの部分は「見送り絵」といいます。絵柄の傾向を見ていると、題材は、三国志が多くありました。特に、関羽の名前がよく出てきます。ただし、関羽の表記は、漢雲と書かれていました。

大きな太鼓で、ねぷたのリズムを叩いています。ねぷたのかけ声は、「ヤーヤドー」と言いますが、これは、「さっさと(早く)進め!」と、前の団体を急かす、方言言葉です。

鏡絵に描かれるのは、三国志以外では、同じく中国の歴史に登場する水滸伝や、日本では、征夷大将軍の坂上田村麿の蝦夷征伐などのモチーフが、よく好んで描かれているそうです。

少し珍しい、凧絵をカルタ状にちりばめた柄の絵です。

ねぷたの後ろの部分と、その真ん中の送り絵に描く絵は、鏡絵と違って、各団体で、ふざけたり、おどろおどろしくしたり、多少羽目を外した絵を描いてもいいという、暗黙の了解があるようです。

解説を聞くと、弘前のねぷたは、平面的な扇形で、青森のねぶたは、立体的な3D型です。青森では、跳人(はねと)と言われ、行列の人達は、足を跳ねて踊って歩きます。

ここに弘前と青森のねぷた祭りの違いがあり、まずは名前そのものが「ねぷた」と「ねぶた」、山車の形が「平面」と「立体」、踊り子が歩くだけと、足を蹴って踊る違いがあります。

いずれもうちが本家、ここから始まっている、あちらが真似していると、本家・元祖の主張の違いがありそうです。

2014年8月3日(日)