蝉は子供の頃は、子供達の間では何かと交換する、通貨のようでした。

蝉を沢山捕ると、子供達の間では、蝉捕り名人として、尊敬されていました。蝉の一生を知ると、可愛そうなことをしました。

蝉が土中から這い出し、短い命を思い切り鳴き叫んで、一生を終わる、夏の盛りが訪れてきました。

蝉は、土の中で、卵から生まれて幼虫になり、地上に出てくるまで、およそ3~17年かかるそうです。

土中から地上に出てきても、蝉の一生は、わずか一ヶ月ほどと言われています。

大急ぎで、次の子孫を残す準備を、短い一生の間に、終えることになります。(Wikipediaより参照)

息子夫婦に声を掛けられ、日曜日の日に、淡路にやってきました。

庭の桜の木を見てみると、蝉の抜け殻かと思っていたら、これから蝉の一生

を謳歌し始める、土中から出てきたての蝉が、桜の木から樹液を吸っているところを見つけました。

蝉を間近に見るのも、神戸の街で過ごしていると、珍しいことなので、カメ

ラを近づけて、接写していると、蝉は自分が写されているのに気が付いて、

飛んで逃げていきました。

リッキー君を呼んで、蝉の姿を見せてあげようかと思っていたのに、蝉は飛

び立つ前に、オシッコをかけて、どこかに行ってしまいました。

小学生の頃は、夏休みになると、長い竹竿の先に白い網が付いた、蝉捕り用

の網を持って、近所の子供達と、他人の家の庭でも平気で入っていき、木の

上の方にいる蝉を見つけると、そうっと網を伸ばして、見事蝉を捕まえていました。

蝉は、声を出して鳴くので、すぐに居所を見つけられてしまいます。

黙っていたら分からないのに、力一杯大きな声で鳴くので、すぐに居所が分かってしまいます。

息子夫婦は、私と奥さんに焼き肉をご馳走しようと、志筑の新谷までお肉を

買いに行き、淡路牛の柔らかいお肉を、炭火で網焼きにして用意してくれました。

みんなで炭をおこして、野外で食べると、食欲も湧いてきます。

ビールもよく飲めます。

今日は、淡路市の花火大会が、国営明石海峡公園付近で開催されます。

蝉捕りは、子供達にとっては、成果が勲章でした。

仲間が集まって、一日の蝉の収獲結果を見せ合います。

大きな蝉や、綺麗な蝉を捕まえると、仲間内では自慢できます。

蝉は、子供達の間では、基軸通貨にもなります。

蝉でマンガの本を借りる、通貨になっていました。

夏休みの蝉捕りは、男の子同士の、マンガやおもちゃ、食べ物の交換に、なくてはならない基軸通貨です。

しかし、蝉も死んでしまうと、交換価値をなくしてしまいます。

生きていてこそ、欲しい物と交換出来るのです。

交換手段として大切な蝉が、短期間で死んでしまうことに、残念な気持ちがありました。

今なら、短い蝉の一生なら、捕まえないで、思うように、鳴いたり、飛んだり、樹液を吸ったりさせてあげます。

炭焼きの火は、段々調子良くなって、火力も強くなってきました。

こうなると、空いた場所で、焼きおにぎりを作ります。

リッキー君は、まだ、蝉捕りに関心が湧いていません。

今の幼児達の関心事は、バンダイの「トッキュウジャー」です。

声が出て、光が出て、電子機器が入っているおもちゃは、自然の中の、蝉捕

りや、虫捕り、昆虫採取よりも、はるかに複雑な仕掛けがあり、幼児達の気

持ちを掴んで離しません。

生き物を捕まえて、おもちゃにして、結局殺すより、機械が作ったおもちゃ

の方が、自然に生きる、動物たちの命を守っているのかもしれません。

2014年7月20日(日)