痛い目に、あう前に。眼科へ行こう!と、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は呼びかけています。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/ジョンソン・エンド・ジョンソン

神戸三宮地区でも、カラーコンタクトレンズ(カラコン)による眼障害が問題になっています。
カラーコンタクトレンズ(カラコン)の安全性に、ご注意。眼科検査から外れたカラコンの購入方法では、眼障害が多発しています。メーカーには、製造物責任法(PL法)で、製造責任があります。社長ブログ/神戸の社長/コンタクトレンズメーカーブログ/ジョンソン・エンド・ジョンソン

ジョンソン・エンド・ジョンソンの、デイビッド・R・スミス社長(David R.Smith)が取り組んでいる企画の、案内がありました。

コンタクトレンズの普及とともに、本来予想していなかった、カラーコンタクトレンズ(カラコン)の予想を超える普及が起きています。

カラコンを、高度管理医療機器として理解しないで、化粧品や日用品として理解する、若い女性の装用者が増えてきています。

コンタクトレンズの装用を続けるには、眼科検査を受けながら、装用を続けることが、安全性を確かにすることです。しかし、医療ルートから外れて、通信販売や、医療機関のサポートのない販売方法が、増えてきています。

こうなると、コンタクトレンズによる眼障害が多発するのも、防げないことです。

そこで、使い捨てコンタクトレンズ大手の、ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、コンタクトレンズの使用継続を、医療ルートに戻そうとしています。

具体的な方法としては、ジョンソン・エンド・ジョンソン社のコンタクトレンズを、眼科医の検査を受けて2箱以上購入すれば、500円のQUOカードをプレゼントしています。さらに、アンケートの回答で、500円のQUOカードをプレゼントするという企画です。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの担当の岡﨑裕之さんは、「feel アキュビュー プログラム」の説明と申し込み受け付けのために、来られました。

この計画は、先日、デイビッド・R・スミス社長(David R.Smith)が、我が社に来られたとき、案内があったので、我が社も企画に賛同します。

ジョンソン・エンド・ジョンソンが、こうまでして、コンタクトレンズの購入に、眼科検査を受けていただくようユーザーに促すのは、今の眼障害の多発を放置すると、将来には製造物責任法(PL法)で、損害賠償請求を負いかねないという、不安もあるようです。

カラーコンタクトレンズの注意報は、先日の国民生活センターから報道された通りです。

その背景には、カラコンが気軽に、手軽に、化粧品感覚で購入されているという背景があります。

化粧品目的のカラコンでも、視力矯正用のコンタクトレンズでも、目に入れるコンタクトは、高度管理医療機器なのです。

使用方法や、注意報を守らなければ、眼障害が起きる可能性があります。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのホームページを見ても、安全性の啓蒙を、積極的に呼びかけています。

今回の、feel アキュビュー プログラムは、眼科と提携した販売店が中心で、インターネットによる通販や、化粧品感覚や日用品感覚で販売している販売店は入りません。

資料参照元:ジョンソン・エンド・ジョンソン ホームページ「眼科へ行こう!」より

2014年7月2日(水)