神戸元町『手打ちそば処 卓』で、手打ち蕎麦を頂きました。

暑い時には冷たい蕎麦、寒い時には温かい蕎麦、食欲不振の時にはざるそば、お腹が空いた時には、大盛り天ぷら蕎麦と、四季を通じて手打ち蕎麦を美味しく頂きます。

 出石そばの食べ方について、以前にホームページで紹介したところ、その後、繰り返し出石蕎麦の食べ方について、多くのアクセスが続いています。

周囲の人にも、日本蕎麦が好きで、日本蕎麦を打つ人までいることを知りました。近くでは、三田の永沢寺に蕎麦道場があり、そこでは技術検定もしているようです。

沖縄でも、銅谷賢治さんが蕎麦打ちをして、年末の年越し蕎麦を作ってくれた事があります。

美味しい蕎麦は、皆さん好きなのです。どこか美味しいお蕎麦のお店はないですか?と探していると、松葉博雄の奧さんが、友人から紹介してもらったお店があるそうです。

場所は、元町商店街を西に行き、ポートタワーが見える辺りまで商店街を歩いて行きます。

6月下旬の日差しの強い日なので、三宮から元町まで歩いてくると、かなり汗が出てきます。

見つけたお店は、手打ちそば処卓です。

直射日光が照りつける、かんかん照りの野外に、順番待ちの席が用意されています。

さすがにこの直射日光では、この席に座って待つ気にはなりません。

手水鉢があり、水草が青々と茂っています。松葉博雄はメダカの飼育をしているので、この水鉢にもメダカがいないか覗いてみました。メダカは居ませんでした。

20分くらい外で待って、やっと中に入れてもらえました。12時から、1時頃までは、満席のようです。

1時をまわってから来たほうが、よかったように思えました。入り口に入るとすぐに、ガラス窓から、蕎麦をひく電動式の臼が見えます。

出入り口に一番近い、末席に腰を下ろし、しばし注文を考えて、松葉博雄は温かい天ぷら蕎麦、奧さんは冷たいざるそばを頼みました。

噂通り、美味しい日本蕎麦なら、冷たいざる蕎麦から入るのが日本蕎麦の食べ方になりますが、ざるそばは奧さんのそばを少し分けてもらう事にして、温かい天ぷら蕎麦を注文しました。

座って蕎麦が出来るのを待っていると、最初にかなり濃いそば湯がお茶代わりに出てきました。

飲んでみると、障子を貼るノリのような、かなり高濃度のそば湯でした。

味は、なかなか美味しいそば湯です。これなら、この店は期待できそうです。

そば処卓のお店は満席ですが、回転率が悪いことはわかります。これは、一人一人の蕎麦通のお客様に、一人一人の注文を聞いて、蕎麦を作っているからだと思います。

かなり待って温かい天ぷら蕎麦が出来ました。天ぷらは、揚げたばかりのぱりっとした衣を付けています。

奧さんの注文したてんぷらざるそばにも、天ぷらが付いています。

温かいお蕎麦に、天ぷらを一つ一つ入れて、天ぷらの衣に蕎麦の汁を馴染ませていきます。

まだ天ぷらが入っていないときに、蕎麦だけを少し試食してみると、蕎麦はこしの強い十割蕎麦です。なかなか美味しい味で、元町まで暑いのに歩いてきた甲斐がありました。

奧さんの冷たい蕎麦を少し頂いてみます。蕎麦汁につけて、冷たい手打ち蕎麦を頂くと、夏の味がのどごしに伝わってきます。

ざるそばを沢山のバリエーションで食べるには、うずらの卵や、おろし大根、山芋のすり下ろしなどがあると、いろいろな味を楽しむことができます。

希望としては、目の前のガラス越しに見える自動臼で、蕎麦粉をひいて、蕎麦粉に水を少しずつ足して、そばを打っていく様子を見たかったのですが、蕎麦はもう打った後です。

そば処卓の石臼を使って作る自家製手打ちそばは、濃いめのつゆとよく合う繊細な味わいです。

本格的な手打ちそばですが「気軽にそばを楽しんでもらいたい」というのが店主の想いだそうです。

店主の後藤卓さんは南京町にあったお祖父さまのそば店や京都で修業した料理人で、殻ごと碾く玄そば碾きぐるみの“黒”と、外皮を除いた“白”を用意しています。

とても美味しい手打ち蕎麦なので、また来たいと思います。

2014年6月24日(火)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です