山形県山辺町の、美しく綺麗なさくらんぼが届きました。

山形県山辺町は、人口15,139人(平成22年国勢調査時)です。「森と湖沼のふるさと ファッションのまち」というのが、町のキャッチフレーズです。

山形県やまのべ町のさくらんぼが届きました。神戸のさくらんぼより、一ヶ月半遅れです。

山形県はさくらんぼの生産量が日本一で、なかでも山辺町産は、品質の高いさくらんぼの生産地で、市場でも高い評価を得ています。

さくらんぼが入っている容器を開けると、さくらんぼの故郷、山辺町のしおりがありました。読んでみると、いつか、この山辺町に行ってみたくなります。

とっても綺麗な、輝くような美しいさくらんぼです。

何でこんなに綺麗なさくらんぼが出来るのだろうかと、同封のパンフレットを読んでみました。

山形のさくらんぼは、見た目がキレイで鮮紅色で、光沢がありますが、その理由は日当たりが悪いと色が付かないため、収穫期が近付くと日陰をつくる余計な葉を摘み取るなど、毎日手をかけているためのようです。

1個1個色づきを確認し、軸ごとそっと手でもぎ取る。パック詰めともなると、向きをそろえ、粒をそろえながらの熟練した腕も必要です。

山形県山辺町は、人口15,139人(平成22年国勢調査時)です。「森と湖沼のふるさと ファッションのまち」というのが、町のキャッチフレーズです。

まだ、知らない山辺町の、誰かの手で育てられ、美しく、キレイになった頃に摘み取られ、箱に詰められて、縁あって松葉博雄の家に届きました。

さくらんぼを摘んで、少し振ってみると、さくらんぼの実は、プリンプリンと音のするような膨らみようです。じっと見て、ついに口に入れて食べてしまいました。何という甘さでしょうか。何という上品な味わいでしょうか。とても美味しい、山辺町のさくらんぼでした。

2014年6月21日(土)