淡路島のびわの発祥の地は、北淡町轟です。

北淡町轟では、今年のびわの最盛期を迎えています。試食すると、カゴごとに味にばらつきがありました。

夏に向かって、果物は熟れてきています。6月に入ると、俄然忙しくなるのは、びわ農家です。びわの実は、6月中旬の、わずか2週間程度が出荷期間になります。

淡路のびわは、北淡町の轟が、淡路びわ発祥の地と言われています。

先週に続いて、今週も美味しいびわを求めて、びわ農家を訪ね歩いています。びわの実は、当たり外れが大きく、「これは美味しい」と唸るような、美味しいびわには滅多に当たりません。

今日のびわ農家は、自由に味利きをさせてくれました。もちろん、選別にもれたびわを、試食に使っています。

山から収穫したびわの実は、紙袋を外し、一旦箱に収められます。箱は、自動計りにかけられ、選別作業に移ります。

今どきの自動計りは賢くて、最初に箱全体の重さを計り、次に、箱からびわを1個ずつ取り出していくと、その都度取り上げたびわを、重さ別に、Lです、2Lです、3Lです、Mです、2Mです、と音声で識別していきます。

自動計測器が案内する種類ごとに箱詰めされ、Lサイズの箱や、2Lサイズの箱へと出来上がっていきます。

今日は梅雨の間の晴れ間で、野外には強い紫外線が花を輝かせています。

北淡町は播磨灘に面し、道路のすぐ裏は急斜面が続いて、平地の少ないところです。

びわ農家のびわ畑に続く山道には、いろいろな花が咲いていて、今はユリの花が咲いています。

松葉博雄の奥さんが、びわ農家の奥さんと、びわ談義をしている間に、松葉博雄はびわ畑に向かって、山道を歩いています。

びわ畑に向かって、ゆっくり山道を登っていると、すぐに屋根より高くなり、海が広い視界で見えてきました。

びわ畑のびわは、袋を被っていると、まだびわが残っていることがわかります。収穫が終わったびわの木には、袋が残っていません。

木の上についているびわの実を、イノシシはどのようにして獲得するのでしょうか。木登りの上手な猿とかイタチなら、簡単に取ることができても、体重の重いイノシシなら、どのようにしてびわの実を取るのか不思議です。

山に続くびわ畑なので、イノシシやタヌキなどの動物が、夜やってくるようです。そのため、獣害を防ぐため、電気の流れている柵が設けられています。鉄線に電気ショックが走ります。

びわ畑から降りて、また、びわ農家のほうに向かいます。途中小型トラックが、収穫したびわを農家に運ぶため、忙しく往復していました。

化粧箱に入れられたびわは、ほとんどが市場にでることなく、宅配に回されています。

びわの葉は、アトピーにも効くと言われています。それがびわ茶です。

このびわ農家は、二週間ぐらいの間に何百個、あるいは千を超えるびわの注文を受けています。ほとんどが、個人の注文で、収穫して選別が終わると、宅配便に回されています。

宅配便の注文控えを見れば、分厚い束になっているので、ちょっと見ただけで、どれだけの金額になるのか、驚くばかりです。

試食のびわの実は、当たり外れがあって、期待したほどの、みずみずしく美味しく、甘いびわに当たることは稀です。これも当たり年とか、外れ年があるようです。

出来はともかくとして、一応今年もびわの実をたくさん頂きました。

驚くような光景です。車で乗り付けた人たちが、びわ農家から、ビニールにいっぱいになるほどの、たくさんのびわの実を運びだし、車に乗せています。この人たちは、びわの実を買っているようには見えません。

引き取りに来ているのは、シグマサイエンスという会社です

シグマサイエンスは、「ビワオンキュ」などの美容機器を製造している会社で、こちらへビワを引き取りに来ているのは、ビワ温灸という治療法に、ビワ葉エキスを使用するためのようです。

誰も雑談をすることなく、びわの実をカゴから取り出し、紙袋を外し、カゴに入れて、そのあと重さ別に、化粧箱に収めていく作業を黙々としています。ほとんどの人が、何年もこの忙しい時に外から手伝いに来ている人のようです.

2014年6月19日(木)