さぬきの和三盆の研究です。サトウキビも、畑で確かめました。

さぬき和三盆の店舗見学は、三谷製糖 和三盆 羽根さぬき本舗と、さぬき和三宝の製造販売元、「ばいこう堂」の2軒です。 四国(4)

さぬき和三盆の研究です。鳴門から高松へ向かう、国道11号線を走っていると、地元の看板が、運転中の松葉博雄の目を引きます。その中で、地域の特産として、和三盆のお店に行きます。

和三盆の1軒目は、三谷製糖 和三盆 羽根さぬき本舗です。三谷製糖(香川県東かがわ市馬宿156-8)は、文化元年(1804年)の創業です。

入り口の所に、大きな看板がありました。実は、看板はずっとなかったそうなのですが、和三盆を買いに来られるお客さんに、「場所がわかりにくい」と言われて売り手の責任として、看板を一つ立てたそうです。(三谷精糖HPより)

広い駐車場があり、駐車場の周りには、和三盆が伝統産業であることを示す、江戸時代に描かれた版画を利用した、拡大看板がありました。

実際にサトウキビを絞っていた、道具類の陳列も、目を引きます。砂糖といえば、沖縄と奄美大島を思い浮かべますが、ここ、香川県東かがわ市でも、サトウキビが植えられ、絞られて、砂糖作りがあったようです。

三谷製糖の直売店に入ってみます。三谷精糖の屋敷跡は、国の登録有形文化財になっています。

お店に入ってきたお客様一人一人に、おもてなしのお茶と、和三盆の試食サービスがありました。

これは心理的には、何か和三盆を買わざるをえなくなる、心の負担になりました。何も買わないで出て行くのも、気の毒になったからです。

塗り物のお盆に、季節の花をイメージして、植物を使って、和三盆を引き立てています。なかなか趣味の良い演出で、しばし見とれてしまいました。窓越しに、伝統文化を再現した、サトウキビ絞りの様子が見えました。

第9回 風の港まつりのポスターがありました。7/20(日)に引田漁港周辺で開催されるそうです。

和三盆のお茶請け用のお菓子を買って、お店を出て、少し周辺を歩いてみます。

販売所と工場の裏手の道を、畑の方に向かって歩いてみました。目当ては、サトウキビです。必ず近くにサトウキビがあるはずです。サトウキビを見つけるために、工場の周辺を歩いてみます。

仮説の通り、サトウキビはありました。沖縄のサトウキビより、うんと細いサトウキビで、茅と見間違うほどの細さです。

このサトウキビを刈り取り、力をかけて、サトウキビエキスを絞り出し、そのエキスを炊いて、糖分の濃度を高めています。

沖縄も、奄美大島も、さぬき地方も、サトウキビの絞り方は、牛に引かせて絞り、釜で炊いて煮詰める方法は、一緒のようです。

和三盆の研究の2軒目は、さぬき和三宝の製造販売元、「ばいこう堂」の本店です。和三宝(わさんぼう)とは、和三盆のことで、ばいこう堂では、和三盆の商品を商標登録し、和三宝として販売しているそうです。

ここは本店ですが、本社は大阪市の西区にあります。三谷精糖と比べると、ばいこう堂は、比較的新しいお店です。

新興企業の強さは、設備が新しいことです。和三盆作りも、機械で効率的に作るので、伝統文化の雰囲気は、あまりありませんでした。

こちらの和糖どら焼は、従業員の皆さんにお土産です。このどら焼きは、焼き菓子の中で一番の人気商品らしく、和糖を使った生地に、和三盆糖で炊き上げた粒餡をたっぷり詰めたどら焼です。

「ありがとう券 指定店」と書いています。調べてみたところ、「ありがとう券」は「東かがわ市商工会共通商品券」で、商工会が地域活性化のために行なっていて、消費者の方々に地域の商工業者をご利用いただくため実施しているそうです。

松葉博雄の身の回りには、辛いものより、甘いものの方が、圧倒的に多いことに気が付きます。洋菓子、和菓子だけでなく、日本の伝統的な砂糖づくりから始まる和三盆も、甘いものの一つでした。

奥さんは、お茶のお点前に使う和三盆を選んでいます。3色霰(あられ)糖です。小箱、中箱、大箱と3種類あります。

洋菓子のケーキ屋に入っていくと、甘ったるい匂いで、胸焼けを起こしそうですが、和三盆は匂いもなく、お店の中でしばらく居ても、胸焼けはしませんでした。

2014年5月29日(木)