おかげさまでの一言が大切ですよと、経営学で学びました。

おかげさまでの一言を付けて、株式会社伊藤園(社長本庄大介)さんから、伊藤園30周年の、感謝のおーいお茶をいただきました。

おかげさまでの一言が印刷された、お茶が届きました。

おーいお茶でお馴染みの、株式会社伊藤園(社長本庄大介)さんから、おかげさまで30周年の記念品が届きました。お中元のように、印刷された水引がかかっています。

開けて見ると、280ミリリットルの、おーいお茶に、30周年を記念する、特別のマークが印刷されています。一つ一つに、「おかげさま」の、印刷がなされています。

以前に松葉博雄が、兵庫県立神戸商科大学大学院経営学研究科で学んだとき、マーケティング研究に、野村證券で上場審査の経験がある鈴木克也先生が、上場審査で、経営者が、「おかげさまで」と、言える経営者と、言えない経営者がいることを、教えてくれました。

このように、お世話になったときに、「おかげさまで」と、言えることが、取引関係を円滑にします。

では、なぜ、伊藤園さんは、さんプラザコンタクトレンズに、「おかげさまで」と言うことになるのでしょうか?

それは、年間を通じて、大量の、おーいお茶を、購入しているからです。

では、なぜそんなに沢山のお茶を買うのでしょうか?

それは、コンタクトレンズのお客様への、おもてなしに使うからです。一ヶ月でも、一年でも、積算すると、大変な量のケースを購入しています。

おーいお茶だけでなく、ジャスミンティーも、購入しています。このジャスミンティーの購入数量も、大変な数です。

 伊藤園さんのホームページを見ると、ウーロン茶は、30年間で、およそ40億本も販売したそうです。

いただいた30周年記念の、おーいお茶は、280ミリリットル入りペットボトルが、12本入りで、3箱いただきました。これは、お客様へのおもてなしに使うのではなく、社内用に使わせていただきます。

伊藤園の本庄大介社長様、ありがとうございました。おかげさまで、飲ませていただきます。

2014年5月20日(火)