県立淡路島公園の藤棚は、朝来市の藤公園の藤棚に、負けないほどの藤棚です。

県立淡路島公園のふわふわドームは、幼児が喜びそうな遊戯施設です。 淡路(2)

県立淡路島公園のすべり台を滑ってみて、やや感動した次は、また子どもが喜びそうな施設に向かいます。

初めての公園なので、次は何があるのか、歩いて見ていきます。 向こうに見える、「ふわふわドーム」は、トランポリンのようなものです。

靴を脱いで、上がってみました。振りを付けて飛び上がってみると、確かにトランポリンのように、飛び上がります。ただし、危なくないように、セーブしています。

この場所にも、藤棚がありました。今が見頃の藤棚です。

この藤棚を見ると、朝来市大町藤公園の藤棚に行った時のことを思い出します。あのときは、藤棚の回りに、鯉のぼりがたくさん泳いでいました。

藤棚を見て、更に向こうに進んでいくと、ちょうど公園の整備をするおじさんがいました。おじさんに、「ここに来るのは、いつの季節が一番いいのですか?」と聞いてみました。

つい最近過ぎたばかりの、桜の季節が一番人気のようです。よく見てみると、この公園には、今は散ってしまっていますが、桜の木がいっぱい植えてあることに気がつきました。来年の桜の季節は、是非ここに来てみたいなと思いました。

次の場所は、 「水の遊び場」です。浅い水の遊び場で、子供達が溺れないように、配慮された遊び場です。

温度が上がってくると、ここで足を水につけると、とても気持ちよさそうです。来るときには、タオルが必要です。この水の源流はどこでしょうか。

階段を上り、水の源流の場所へ向かいます。

源流の所へ来ると、ポンプで引き上げているようです。向こうの方に、とっても広い「草原の芝生広場」がありました。「草原の芝生広場」は、面積約7,000㎡の平坦な芝生広場です。

たくさんの学生の方がいらっしゃいます。行ってみましょう。

行き交っている言葉は、韓国の言葉です。どうやら、韓国の中学生の人達がここに来て、ゲームをしているようです。

先生に引率されて、ゲームをしています。ハンドマイクで聞こえる声は、韓国語です。ゲームの内容は、椅子取りゲームのような、モタモタしていると誰かが負ける、サバイバルゲームです。

この公園は春はスイセン、秋はのじぎくの花が出迎えてくれます。わんちゃんが入っても良い公園なので、もっと早く知っていれば、りんりんをここに連れてきて、芝生で走らせてやりたかったです。多分りんりんも、とても喜んだと思います。

所々に、ポインセチアのような、植木の花があります。とても綺麗なので、写真に撮りました。

大空の青と、芝生と、とても良いコントラストです。

今日は、日焼けしそうです。夏にここに来るときは、UVカットのクリームを塗った方が良いと思います。

 

2014年5月1日(木)