菜っぱのお店は、大丸の西と東にある、菜食中心のお店です。

菜っぱのお店は、西と東のお店が満席の時には、お互いがお客様を相手の方に誘導し合っています。

菜っぱの店でビジネスランチです。普段は、三宮でビジネスランチです。少しは、変わった場所に行かないと、動物園の狭い檻にいるくまさんのように、同じ場所をぐるぐる回ってしまうことになります。

そこで今日は、三宮でのビジネスランチを、元町に変えてみます。

元町の大丸百貨店の向かいに、昔、力餅という、うどん屋さんがありました。力餅は、現在は閉店しています。

そのすぐ近くで、菜っぱという、菜食中心のお店がとても流行っています。今日覗いてみると、今日もただいま満席です。しばらくお待ち下さいという張り紙がありました。

急階段の細い階段を上って、様子を見てきます。上りながら、ここで足を躓いてこけると、この階段きついなぁ、下まで落ちそうだなぁと、不安が頭をよぎります。

お店のスタッフが、ただいま満席なので、同じ菜っぱが経営する、別のお店をご案内しますから、そちらに行ってみて下さいという、お客さんの廻しがありました。

言われた、もう一軒別の菜っ葉に行く事になりました。場所は、大丸百貨店の西側です。

路地に入ったところに、目指す菜っぱがありました。

間口は広いものの、奥行きは浅く、横に広がるお店です。

カウンター席は、既にいっぱいで、窓際のテーブル席が空いていて、先ほどの菜っぱから、電話があって、テーブル席を確保してくれていました。

この、お客様を逃がさないようにしようという、経営努力には関心します。このような連係プレーで、お客様を空いている店に誘導するには、家族経営か、もしくは、よほど社員教育が出来た経営者のすることです。

菜っぱというイメージは、なんだか鳥の餌か、動物園の飼育の餌のように軽い感じがしますが、どんなビジネスランチになるのか、初めてのことなので、日替わりランチの定食を選びました。

最初のスープは、菜っぱ特製の野菜スープです。野菜の臭みがぬけたなかなか良い味でした。

季節の小鉢は、アスパラの茎と、エンドウのさやです。

どんどん野菜中心の食事が進みます。まるで精進料理のようです。これで、午後の仕事のエネルギーが得られるのか、少し心配です。

この不安を救ってくれたのは、メインディッシュの魚料理です。

お魚は切り身で、炊き方も甘く、とても美味しいマナガツオです。

ちゃんと味噌汁も出ました。味噌は塩分が多いので、味噌汁は、一日一杯にする事にしていますが、どんな味噌汁の味なのか、濃い口なのか、薄口なのか、興味もあり、ついつい今日2杯目の味噌汁を飲んでみます。

ガラス窓のテーブル席なので、通りの通行人からは、松葉博雄と奧さんの二人が、菜っ葉を食べているのは丸見えです。

こんな時、誰か知っている人が通りかかれば、一声かけたいなと思います。

最後は、アイスクリームです。これも、野菜をジューサーにかけてシャーベットにしています。

なんでこんなに、菜っ葉の店は流行っているのでしょうか?女性の間で、人気のあるお店です。どうやら、肥満防止で、ヘルシーで美味しいからのようです。

 

2014年4月23日(水)