海外のロングステイは、定年退職者の夢のひとつです。

海外のロングステイを成功させるには、夫婦の価値観が共通することが、大切のようです。  マレーシア旅行記(24)

海外にロングステイをしている、長野さんの車に引率されて、長野さんのお宅に着きました。お宅と言っても、一軒家のような、独立した家ではありません。守衛室にガードマンが駐在する、集合住宅です。

マレーシアでは、セキュリティの問題もあって、裕福な方を中心に、セキュリティのしっかりした住宅地の敷地が造られていて、その中に集合して、住まいが造られています。

こちらのクアラルンプールの生活は、マンションの借り賃がおよそ8万円です。そこにプールもあり、テニスコートもあり、駐車場もついていて、車にも乗ることが出来ます。

長野さんのお家に入るのも、最初は入り口に警備員がいて、その後、今度はビルの中に入るのも、暗証番号などのカードが必要な、二重のセキュリティチェック体制になっています。

しかし現実には、盗難事件は起きています。それは、警備会社による内部の犯行があるようです。

お部屋に案内されました。まず、松葉博雄の奥さんが、長野さんのために、こんなものなら喜んでいただけるのではないかと、皆さんを代表して、食べ物を買ってきました。

長野さんの奥様は、これを見て大変喜んでおられました。

マレーシアは亜熱帯というより、熱帯に近いので、常夏です。もちろん暖房は要りません。クーラーはあります。

年中夏なので、蚊が部屋に入ってくるため、蚊帳を吊って、蚊帳の中で生活しているようです。

リビングを見せてもらいました。リビングの正面には、日本のテレビ局の番組が放映されていました。今日は、北朝鮮の横田めぐみさんの拉致問題の件について、報道されていました。

このような住みやすいところに、ロングステイしたくなるかどうかを考えて見ると、松葉博雄の場合、じっとしているのが嫌なので、どこに行こうかと毎日考えると思います。

ここマレーシアでは、日本のテレビ番組も、ほとんど見ることが出来るそうです。もちろん今の関心事項は、マレーシア航空機の行方不明事件についてです。

NHKの番組でも、マレーシア航空機について、ニュースが放送されていました。どんどん捜索範囲が広がっているようです。

しばらく時間を置いて、長野さんの案内で、敷地の周りを案内してもらいました。

ガードされている敷地の中には、日本人向けのベーカリー&洋食店もあります。

お惣菜も売っているそうですから、食事には困りません。お惣菜は、唐揚げ、コロッケ、きんぴらなど、色々あります。これだけの物があれば、食べ物には困りません。

中にはプールとテニスコートがあり、管理費を払っていれば、自由に使えるということです。

海外から来ている人たちが、単純な仕事を請け負っています、庭のお掃除です。

お昼ご飯は、この敷地の中の、中華料理のお店で、昼食をいただくことになります。

売店があるので、中に入ってみます。

売店の中には、日本人向けの、醤油、味噌、あるいは、おかきなど、日本食の商品が沢山ならんでいます。まるで、神戸のスーパーマーケットに来たような感じです。

お酒も日本の製品が沢山並んでいます。どうやらここでは、イスラムの禁酒は強制されていないようです。

あるある、こんなに沢山あります。野菜もあります。

松葉博雄にとっては、無くてはならない、アサヒスーパードライもありました。ただし、お値段は高いです。

お店のご主人に、「写真を撮ってもいいですか?」と断って、写真を撮らせてもらいました。

お店のオーナーさんは、何か買ってくれるかな?と期待していたようですが、何も買いませんでした。でも、愛想良く、色々案内をしてくれて、こんなものもある、あんなものもある、ということが分かりました。

マレーシアのクアラルンプールで、ロングステイをしても、困らないことが分かりました。

2014年3月17日(月)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です