雑炊は、増水か、雑水か、時代によって変わってきています。

淡路島由良の露しぐれでは、虎河豚のフルコースの後に雑炊です。二人の乳幼児は、暖かい日差しを浴びて、ゆっくり昼寝を楽しんでいます。 家族で淡路(4)

露しぐれで、ふぐのフルコースを食べ終わると、仕上げはこれまでの鍋ににじみ出た出汁を使って、雑炊を作ります。

大人は6人なので6人前ですが、子供2人を1人前と考えて、合計7人分のご飯の量をお願いしました。

最近の鍋の後の雑炊は、ほとんどのお店では、全ての鍋の具材を引き上げて、出汁だけを使った雑炊作りが一般的な流儀になっています。

いつ頃からこんな雑炊の形式になったのでしょうか?また、どこからこのような流儀が生まれたのでしょうか?

松葉博雄の子供の時代は、雑炊とは増水の意味で、少しでも食べられる量を増やすことが目的でした。そして雑炊とは、雑水の意味で、あれやこれやを一緒に頂く意味でした。

それはお正月のお雑煮でも、あれやこれやをお餅と一緒に頂くしきたりが、今でも残っています。

今日の露しぐれの雑炊は、二つの土鍋をいったん厨房に引き上げ、厨房で雑炊を作り上げて、出来上がった雑炊を部屋に運んできてくれました。

熱い熱い雑炊を食べた後は、熱くなった舌を冷ますために、甘いシャーベットです。甘さは、黒糖と蜜で調整されていました。

皆お腹いっぱいになって、ちょっと畳の部屋で寝転んで、しばらくは昼寝が出来たらいいなぁと思いました。しかし、まだこの後、お客様が続くようなので、ここでお食事は終了です。

民家を改造した造りで、玄関の板場で会計をしてもらいます。計算が出来るまで待っていると、すぐ前に厨房が見えました。

露しぐれは全て個室で、あまり部屋数は多くなく、その為に予約もなかなかとれませんでした。

露しぐれの駐車場の前には畑があり、畑には新芽の雑草が生えて、春が近づいている事が分かります。雑草の頭上には、梅の花が咲いています。

由良の辺りの気候は温暖な気候で、梅の花が咲くのも、淡路全体から見ると、早く咲いているように思えます。

少し離れた向こうの方にも、大きな梅の木が、これからつぼみを開かそうと、準備中のようです。ここにはきっと、梅の蜜を求めて、蜂が沢山飛んでくると思います。

とても気温の良い、暖かい春の始まりの日に、松葉博雄の家族皆で、美味しいとらふぐのフルコースが食べられて、とても満ち足りた気持ちになりました。

日当たりの良い丘陵地に、海が見える高台に、犇めき合わないで、ゆったりとした敷地に家がぽつぽつと建てられて、敷地には太陽の灯りが隅々を照らしています。

こんな日当たりの良い所で、ゆったりとしたスペースの所で、海が見える景色の所で隠居さんをしたらいいだろうなぁと言うと、すかさず、「のんびりしてたら、すぐにぼけますよ」と、注意されました。

2014年2月23日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です