えびらそばは、センタープラザ地階にあります。

えびらそばは、センタープラザがオープンしたときからの、38年続く老舗の飲食店です。

えびらそばです。えびらそばは、センタープラザビルの地階にあります。松葉博雄はよく利用するお店です。

えびらそばは、センタープラザビルがオープンした時からテナントで入店している、創業38年の老舗です。

えびらそばの名前の由来は、神戸の生田神社の境内に「えびらの梅」と親しまれている梅の木があります。

生田の森の合戦の際、源氏の若武者梶原太景季が、激戦のあまり矢を全部使い果たし、最後の矢を一本残す武士のたしなみとして、梅の一枝を「えびら(矢筒)」にさして、勇戦奮闘した故事を伝えた史跡です。

「えびら飴」と「えびらそば」は、その「えびらの梅」に由来しています。

今日は、夕食の為にえびらそばに入りました。お店には、他のお客様がいなかったので、オーナーのご主人が、一人で厨房と接客サービスを担当していました。

なかなか会話をする機会がないので、今日はオーナーさんに声かけをしました。

普段は、オーナーさんのお嬢さんが、店内のサービス係をしています。そのお嬢さんも、夜になると退社して、その後はお父さんのオーナーさんが、厨房と店内サービスを一人で掛け持ちしています。

松葉博雄が好んで注文するのは、スタミナ丼です。

今夜は車の運転がないので、食事時にビールが飲めることから、なるべく少量のご飯の注文にしました。

スタミナ丼の次に好きな、親子丼です。

松葉博雄の奧さんは、和風ちゃんぽんです。

えびらそばのご主人と話す会話は、このビルの管理会社についての感想です。

えびらそばの照明は、昔の電球に使った、ガラスの傘のような、柔らかい照明器具です。

一つ一つが、ガラス製の金魚鉢をひっくり返したような形状です。あるいは、くらげが水槽の中をゆっくり漂っているような感じです。

センタープラザビルの中で、38年も経営を続けていく事は、とても大変な事です。それは松葉博雄にもわかります。

松葉博雄も、さんプラザビルがオープンした時から、43年間ずっと続けているので、そのご苦労はよくわかります。

えびらそばの味付けは、カツオと昆布の合わせダシです。上品な細めの手打ちそばと相性ぴったりと思います。

松葉博雄の奥さんがよく注文する、一番人気の、ダシの風味とスパイシーな「カレーそば・うどん(750円)」は、奥さんのお気に入りです。

かつ丼セットは、新生公司豚肉を使用しています。

普段、松葉博雄と奥さんは、昼食にえびらそばを利用しています。昼食時には、いつも満席で、お店に入るのを諦めることもあります。

えびらそばの店先には、えびら飴の販売用のスタンドがあり、手作り塩飴を315円で販売しています。

店先に、掲示している新聞の切り抜きを読むと、えびらそばの姉妹店の、元町のえびら飴本舗は、100年の歴史があるそうですが、残念ながら2010年5月末で閉店しています。

神戸で100年というのは相当な老舗です。ドラッカー先生が『マネジメント』において、企業の目的を存続としてます。しかし、企業の存続のためには、顧客を創造し、維持し、育成していかなければなりません。

嗜好品にも、多くのイノベーションが起き、嗜好品も多様化すると、顧客は分散してしまいます。

会社の近くにも、このような長い歴史を持ったお店が、すぐそばにあることに、改めて驚きます。そして、お店の存続のために、多くの努力が成されていることにも、共鳴しました。

2014年2月21日(金)