メニコン研修は、コミュニケーションのテーマです。

社内でのコミュニケーションで大切なことは、報告・連絡・相談です。これがビジネスを円滑に進めます。

メニコン研修の第二回目です。第二回目のテーマは、コミュニケーションです。仕事が終わった後、社員の皆さんが事務所に集まり、メニコンの教育研修部 テクニカルインストラクター 末一乃講師さんから、研修を受けます。

メニコンの講師が、コミュニケーションについてのレジュメを用意してくれています。パワーポイントを使って、話を進めていきます。

最初は、コミュニケーションの意味からです。コミュニケーションとはなんでしょう?コミュニケーションはなぜ必要なのでしょう?と言ったお話です。

研修に参加してる社員の皆さんは、グループ分けをして、グループの代表者が講師から尋ねられた質問に自らが答えたり、答える人を指名したりして、研修が進んでいます。

円滑なコミュニケーションを取るためには、相手に合わせる事、状況に合わせる事、二方向で行うことなどがポイントです。

円滑なコミュニケーションを目指すポイントは、

①相手の目をみる
②体を相手に向けて聴く姿勢になる
③相手の話に関心を示す
④相づち、返事をする
⑤話の腰を折らない
⑥質問で話を膨らませる
⑦相手の感情を代弁する

この場合、声の高さ大きさ、声の早さ、間の取り方なども必要です。もちろん、動作や視線などのアイコンタクトなどが必要です。

そういえば、外国の方の映像を見ていると、体で身振りをしたり、うなずいたり、両手を使ってジェスチャーしたり、コミュニケーションをとるのが、自然に伝わってきます。

講師の末一乃さんは、上手に研修をしてくれて、社員の皆さんはすっかり話に引き込まれています。

しかし、講師の上手なところは、一方的に話すだけでなく、質問を交えて、いつ当てられても答えられるようにという緊張感も必要です。

およそ一時間くらいの、コミュニケーションについても、講義が終わりました。

講義の後は簡単な復習テストです。用意して頂いている、レジュメの後ろに質問が表示されています。一生懸命聴いていたか、適当に聴いていたか、あまり熱心に聞いていなかったかの確認テストです。

少し驚きの質問がありました。この質問とは、あなたの周りには、何人のスタッフがいますか?という質問です。この人数の人に対して、どれだけの事をしているか、改めて尋ねられると、普段からコミュニケーションを取れている人については、難しくない質問です。

しかし、毎日会っていてもあまりコミュニケーションがとれていなければ、答えるのに難しい質問でした。

松葉博雄が講義を頼まれて、マーケティングについての講義をする時によく取り上げる例として、相手のことを知ることについての重要性を話します。

例えば、相手に関心があれば、あの人の名前は誰だろう?誕生日はいつかなぁ?好きな食べ物はなにかなぁ?どこに住んでるんだろう?今度デートするなら、どこに連れて行ったら喜んでもらえるかなぁ?プレゼントなら、何を喜んでくれるだろう?

というように、お客様の関心を恋人に置き換えて考えると、分かりやすくなります。相手のことを深く知るために、コミュニケーションが必要です。

メニコンの研修は、これが二回目です。講師の末一乃先生、今回も分かりやすいお話を有り難う御座いました。

2014年2月14日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です