CHINA MODERN 良友 Liang You(リャンヨウ)でメニコンの菊川紀幸さんと、住本琢彦さんと、ビジネスランチです。

CHINA MODERN 良友 Liang You(リャンヨウ)では、日曜日にはサービスランチはありません。お腹がいっぱいになるコース料理を頂きました。

メニコンの菊川紀幸さんと、住本琢彦さんが、日曜日のお休み中にも関わらず、社長研究室開設10周年記念日に、花束を持って訪問してくれたので、まぁ、お茶でも飲んでいって下さいと、菊川紀幸さんと、住本琢彦さんに、松葉博雄の奥さんが、美味しいコーヒーを点てました。

応接室は、暖かい日を浴びて、暖房も効いていて、室外とは違ってポカポカ陽気です。

今日は日曜日なので、仕事の話から離れて、社長研究室に関わる話になりました。

丁度昼時なので、一緒にランチに行くことにしました。選んだお店は、元町の「CHINA MODERN 良友 Liang You(リャンヨウ)」です。

落ちたら大変、落ちないように、手すりに掴まりながら階段を降りると、CHINA MODERN 良友 Liang You(リャンヨウ)の受付になります。

4人で、予約無しでしたが、幸いに空いた席がありました。

奥の席に案内され、お料理の注文になります。今夜は会食の予定があるので、少し控えめのオーダーをしたかったのですが、CHINA MODERN 良友 Liang You(リャンヨウ)も、日曜日なので、普段のサービスランチはありません。

そこで、4人同じメニューでの、コース料理になりました。

ビールは頂きませんが、ビールに合う前菜から出てきました。その次は、コーンスープです。

メニコンとのお付き合いは、40年余りあるので、メニコンの担当者の人事消息の話になりました。

今となっては、定年を迎えた担当者も多く、菊川紀幸さんも、住本琢彦さんも知らない、古い先輩の名前が出ると、二人ともメニコンの歴史を聞くような話になりました。

こんなときに、伝えておきたいのは、メニコンの市場開拓を、さんプラザコンタクトレンズがどのように、神戸の街で開拓してきたか、という話です。

メニコンの若手社員にとってみると、40年前、30年前の頃の、メニコンの商売のやり方は、初めて聞く話もあるようです。

デザートは、4人全員一致の、杏仁豆腐です。脂っこい中華料理を食べた後は、杏仁豆腐が欲しくなります。

1時間ほどのビジネスランチで、やはりビジネスの話も出てきました。これから迎える、コンタクトレンズの春の需要期に対する対策です。

昼食が終わって、松葉博雄と奥さんは会社に戻ります。メニコンの菊川紀幸さんと、住本琢彦さんは、会社は定休日なので、二人は思い思いの所に戻ります。

今日はお休みの所、社長研究室開設10周年に、わざわざお祝いに来て頂き、ありがとうございました。

2014年2月16日(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です