退職者2名と、お昼のランチです。神戸ビーフを頂きました。

10年以上も、長きに渡ってさんプラザコンタクトレンズに勤務し、貢献してくれた2人の女性社員に、また会社に寄って下さいと声かけしました。

さんプラザコンタクトレンズに10年以上の長きに渡って勤め、貢献してくれた2人の女性社員に対して、今日は松葉博雄と奥さんとで、お礼のランチを一緒にすることになりました。

一月大寒が、一年の内で最も寒い時期ですが、大寒を過ぎると少しずつ日も長くなり、明かりも強くなり、春らしくなってきます。

ランチはどこでしようか、選んだのは、神戸元町・旧居留地の、KOBE BEEF良光です。

料理長は、大西浩司さんです。

お昼の時間帯なので、お客様の人数はまばらです。

窓からは、さんプラザコンタクトレンズの事務所がある、センタープラザビルが見えます。

良光からセンタープラザビルが見えるのですから、センタープラザビルからも、良光が見えるかもしれません。戻って、見えるかどうか確かめてみました。ビルは見えるものの、ガラス窓に反射して、客席は見えませんでした。

良光の売りは、神戸ビーフです。

ランチも、神戸ビーフをお願いしました。今日のゲストは、岩井さんと中尾さんです。中尾さんは先日退職後にも関わらず、社員全員分のお弁当を作り、届けてくれました。

今日のランチの主旨は、退職慰労の感謝の気持ちなので、ご苦労様でしたとビールで乾杯したいところですが、午後の仕事もあり、ビールは注文しませんでした。

神戸ビーフは80g・100g・150gから選べます。シェフの神戸ビーフを切る包丁捌きを見ていると、高価な神戸ビーフなので、腫れ物に触るような丁寧な包丁捌きです。

4人がカウンターに座って、一列になってシェフの一挙一動をじっと見ているのですから、料理人も気が抜けないことと思います。

本当は何グラムなのか、どれ位の誤差があるのかは分かりませんが、脂身をそぎ落とした神戸ビーフを一口サイズに角切りし、お皿に盛りつけて、焼く前の赤身の生肉の状態で見せてくれました。

神戸ビーフが焼き上がるまで、スープを頂きます。

岩井さん、中尾さんとの話は、席が近い松葉博雄の奥さんに任せて、松葉博雄はずっと料理の行方を見続けています。

ランチが揃いました。神戸ビーフの食べ方は、塩味、ポン酢味、醤油味の3つの味で楽しめます。

神戸ビーフは、お昼のランチにはたくさんは用意していません。それを補う物として、ハンバーグがついています。ハンバーグには、ハンバーグが隠れるほどのソースがのっていました。

一通り頂いたあとは、カウンターの後ろの丸テーブル席に移り、コーヒーを飲みながら4人で談話です。

10年以上も勤務してくれたので、色々と思い出は沢山積もっています。

やはり気になるのは、2人が退職した後、残る社員の皆さんが、どのように仕事を引き継いでくれるかということのようです。そして、残った社員の皆さんに、2人が辞めたことでかかる負担に対する、申し訳ないという気持ちでした。

また会社に寄って下さい、と言うと、「寄ってもいいんですか?お邪魔になりませんか?」と遠慮の言葉がありましたが、遠慮しないで寄って下さい。

2014年1月24日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です