大寒に近づくと、海の魚も脂がのってきます。美味しい魚も、喉に刺さる小骨にご用心。

淡路市の渡舟食堂では、近くに定置網を仕掛けています。朝、定置網でとれた魚が、その日に料理されます。    孫達を連れて淡路島(5)

渡舟食堂に、朝食を食べに行きます。昨日は期待に外れて、渡舟食堂はお休みだったので、今日もお休みだったらどうなるかと心配していました。

今日は、成人の日の祝日なので、お客様が多いという予想があり、お休みにはなっていませんでした。寒い寒い日なので、渡舟食堂には、温かいとん汁が200円で用意されていました。

朝の10時をすぎて、渡舟食堂に行くと、ちょうど料理が出来上がって、棚に並ぶころです。お目当ては、定置網から引き上げてきた、取れたての魚です。

定置網は、漁業権がなければ勝手に設置できません。定置網はどんな構造になっているのか、googleの検索結果で見てみました。

新生児が2人いるので、朝ご飯を食べに行くのは交代制です。お母さん2人は、あとからお父さん2人と交代して食べに行くことになっています。

大きなオコゼの唐揚げが、睨むような顔で、お皿に盛られています。迷わずこのオコゼの唐揚げを選びました。

みんなが大好きなのが、たこの天ぷらです。大人6名と、U君リッキー君の幼い2人も、たこの天ぷらが大好きです。

たこの天ぷらを食べるのは日本の特質でしたが、最近は和食文化が広がったせいで、たこの天ぷらを食べる国が増えているそうです。たこはこの先、各国と取り合いになりそうです。

期待していたのは、渡舟食堂の味噌汁です。渡舟食堂の女将さんには、松葉博雄のグループは、薄口の味噌味で、アメリカンにしてもらうことは、もう顔なじみなので、ツーカーになっています。

U君とリッキー君にお魚を食べさせるのは、十分な用心が必要です。それは骨があるからです。

お魚の骨は、小さくても、喉に刺さると、とても気持ちが悪くなり、喉に刺さった骨を抜くのはとても大変なことです。

喉に刺さった小魚の骨は、そのうち抜けるものの、抜けるまでは、気になって仕方ありません。喉に刺さった小魚の骨は、なんとか抜こうと注意が集中してしまいます。ちょうど、目に入った異物と同じように、気になって、気になって仕方のない問題になります。

2014年1月13日(月)