目配り、気配り、心配りが、博多料亭稚加栄の理念です。

稚加栄は福岡店と小倉店があります。どちらも客席の真ん中に大きな生け簀があります。生け簀を囲んで、客席が広がっています。 北九州市小倉へ出張(4)

店舗見学が終わった後は、少し早いですが、お昼ご飯です。新幹線小倉駅が見える、大通りを横切って、これから向かう、博多料亭 稚加栄に向かいます。

稚加栄は、以前に福岡でも利用したことがあります。稚加栄の創業は、昭和36年6月で、設立は昭和41年6月24日です。設立とは、きっと法人化の事だと思います。

ビジネスを始めて軌道に乗り、利害関係者も増えてくると、個人企業から法人に組織を変えていくことがよくあります。稚加栄の料亭は現在、福岡、小倉の二店舗です。経営者は田原玉康さんです。

博多料亭 稚加栄 小倉店に、入ります。

お昼の12時前だったので、客席は十分に空席がありました。福岡店と同じように、生け簀が中央にあり、生け簀を囲むようにカウンター席が広がっています。

「カウンターにしますか?お座敷にしますか?」と尋ねられ、全体を見渡すことが出来る座敷を選びました。

畳敷きの座敷から見ると、カウンター席は全体が見えます。その向こうに、調理場も見えます。板前さんが料理している姿も、真正面に見えました。

まず注文ですが、定食の値段の安いのに驚きました。和定食が1260円、煮付け定食も1260円です。松葉博雄と奥さんは、それぞれ和定食と煮付け定食を選んで、分け合って食べることにします。

午後の予定があるので、ビールはニセビールの、ノンアルコールビールで我慢です。

和定食と、煮付け定食には、カニを使った味噌汁も付いています。さらに、てんぷら、茶碗蒸しもあります。

よくよく見れば、魚を料理した後にでる、アラを使った煮魚で、特に刺身をとったあとは、たくさんの周辺の魚のアラを利用して、作った煮定食です。

サービス係の女性は、みなさん和服です。

和定食も煮付け定食も、1260円で頂けると、安いなあと思います。

食後、お店を出るときも、サービス係の仲居さんが、3人も外まで見送りに出てくれました。さすが、稚加栄の社長さんが目指している、目配り、気配り、心配りが実践されていることに、感心しました。サービスを研究するものとしては、どのように従業員教育を行っているのか、こちらも気になります。

2013年11月19日(火)