秋分の日を前に、お墓参りです。社長ブログ/研究ブログ/松葉研究/全国の松葉さん

お墓は、こまめに手入れをしなければ、竹藪の中に埋没してしまいます。竹の勢いから、お墓を守るのは、長い根気比べです。広島ツアー(7)社長ブログ/研究ブログ/松葉研究/全国の松葉さん

東広島市に来た、本来の目的は、ご先祖様のお墓参りです。お墓参りのドンピシャは、9月23日の、秋分の日ですが、三連休を避けて早めのお墓参りです。

割烹旅館一ぷくで目が覚めると、地方紙を広げて、東広島の記事に目を通します。この地方では、イノシシ・鹿からの獣害があります。イノシシも、鹿も、生きていくためには、食べ物が必要で、これは、取ってはいけない、という分別は、イノシシ、シカにはありません。

そこで、人間の住む住居の方を中心に、金網の微弱電流で囲み、人間の方が囲いに入っていることもあります。地方の農村は、街とは違う悩みがあることが分かりました。

一ぷくの朝ご飯は、遅い人でも8時からです。もっとゆっくり、朝食を頂きたかったのですが、8時には1階の食堂に向かいます。

東広島市の観光場所は、ぜひ見ておきたい場所が無いので、食事の後は、宿をたって、お墓参りに向かいます。

一ぷく旅館を出ると、すぐ近くに、財団法人耕道会館、中川俊直さんの後援会事務所がありました。

これから地道を通って、黄金色の稲の実る、豊かな田園地帯を走ります。何だか山口百恵の歌った、いい日旅立ちのような、のどかな秋日和です。

お墓参りに、お墓にお供えする花を求めて、途中にあったスーパー・ショージのお店に立ち寄りました。この辺りの、地産地消の農作物でも買えたら、ラッキーです。

お花はありました。街中の花屋さんとは違って、生活者に密着した花の値段です。

お墓のある山と、前方後円墳に、着きました。2013年6月に、JRの保安員に、JRの敷地内から、竹が伸びてきているので、竹を伐採するようにお願いしましたが、どうなったでしょうか?

綺麗に、竹は切り取られていました。しかし、竹は地下茎が伸びてきます。地下茎は、掘り出さないと、どんどん伸びてきます。

前方後円墳の敷地内の草取りは、近隣の工務店にお願いして、重機を使って整備してくれていました。人が手入れをしなければ、土地はすぐに、原野に戻ってしまいます。

幼いときに、父母と、兄弟と、一緒にこの土地に来たときは、向こうに見える川では、網を使って鮎を捕っていました。川に張られた網に向かって、漁り火を点けて、鮎を追い込みました。

その頃は、小学生の幼い頃で、今見たら小さな川も、大きく見えました。網にかかった鮎は、食べきれないほどの数で、河原にたき火をし、串に刺した鮎を焼いて食べた思い出があります。

お墓参りに、竹藪の生い茂った山を登ります。道ばたには、曼珠沙華、彼岸花が、日に当たって綺麗に輝いています。彼岸花は、幽霊花ともいい、お墓によく咲く花です。

緩やかな斜面ですが、竹の葉が、笹が、積もっているので、滑って転ぶ心配もあります。父も、母も、80歳を超える頃まで、この道を自力で歩いて、登っていました。

竹の勢いは、一定期間までどんどん茂ってきます。お墓の土地も、竹に覆われて、登ることも出来ないくらい繁殖します。そこで、毎年工務店にお願いして、竹の勢いを止めるために、伐採をします。切っても切っても竹は伸びてきて、竹との根気比べです。

他の山を見ると、勢いのある竹藪も、ある時期を過ぎると、竹が密集しすぎて、日の当たらない竹藪になり、やがて竹の葉が枯れて、自滅してきます。この発生から、繁殖、自滅までのサイクルは、有限の期間もあると思います。

松葉博雄は、この辺りのお米が、大好きです。標高200メートルの高台で、水は山から湧く自然水、空気は綺麗で、気温は昼と夜の差が大きく、実りの稲の天日干しをして、送ってもらいます。

今日はとっても良いお天気で、お墓参りも、雨に濡れなくて良かったです。もう少しすると、この地方のお米は収穫され、天日干しが始まります。ご先祖様たちが食べていたお米と、同じ田んぼから収穫したお米を頂けるのは、幸せです。

2013年9月19日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です