兵庫県立大学水泳部のカーニバルで見たこと:藤棚のツタは、蔓を伸ばして何かに掴まろうとしています。

兵庫県立大学水泳部のカーニバルで気がついたこと:学生時代は藤のツタの蔓のように、何かを求めて何かを掴もうとする時代です。 夏のカーニバル(2)

兵庫県立大学水泳部の、夏のカーニバルは、楽しくプログラムが進んでいます。次は、お笑い番組のような、50メートルを1分以内で泳ぐ、1分間レースです。

松葉博雄は、先ほど50メートルを1分ペースで泳いだので、大体の速さは掴んでいるつもりでした。

ところが、レースとなると、隣のコースのスピードに影響されてしまいます。つい、速く泳ぐと、どこかでゆっくり泳いで、時間調整が必要になってきます。

ゴールしたときには、どの位の速さだったのか、発表してくれませんでした。結果の発表は、この後、懇親会の席で発表するそうです。

空いているコースで、この後遊泳です。普段泳ぐ機会がないので、こんな時に体を慣らします。腰痛なのに、バタフライをしてみると、胸が上がっていません。

現役部員のバタフライを見てみると、腰は沈んで、胸は浮き上がっています。

一年に一度の夏のカーニバルは、OBにとっても楽しみです。現役水泳部員は、野外プールで泳ぐ機会があっても、社会人になれば、コースロープを張った野外プールで泳げる機会は、まずありません。

カーニバルの参加者が、そろそろプールから上がっても、松葉博雄は未練たらしくプールで泳ぎました。

短い時間ですが、直射日光に当たって、プールで泳いだので、日焼けはしたはずです。

プールにはクマンバチが巣を作っているようで、大きな蜂がコースロープにとまっています。今日のカーニバルの参加者に、蜂に刺された人が出ました。とても痛そうです。

食事を兼ねた交流会に、行く時間になりました。名残惜しくも、水着を普段服に着替えて、プールを去っていきます。

今日の、撮影係も、一緒に交流会に参加させてもらいます。

写真撮影の為に来た女子社員は、日焼けを避けるために、日焼け止めを塗ったつもりでしたが、首筋に塗り忘れ、少しひりひりするようです。

生協の食堂で、交流会が始まりました。4回生は、全員欠席でした。これからの水泳部の運営は、3回生が執り行っていきます。

1分間レースの結果発表がありました。松葉博雄のタイムは、1分4秒で、1分を超えてしまっていました。

競泳レースの表彰もありました。優勝チームには、OBも入っています。

兵庫県立大学水泳部の、今期の成績発表も行われました。全国国公立大学水泳競技大会に参加した選手も、何人かいます。

思い出すのは、静岡県富士水泳場の、「第51回全国国公立大学選手権水泳競技大会」へ、応援に行ったことです。開催日は、2004年8月7日、8日です。

生協の食堂で、夏のカーニバルの交流会に参加していると、大学院時代に戻ったような気持ちでした。

この後、図書館に行きます。図書館は夏休みで、休館日でした。図書館の前の、石のタイルに寝そべって、空を見ると、夏もそろそろ、秋に変わるような、すすで掃いたような白い雲が、空に出ています。

生協の前の藤棚は、蔓を伸ばして、蔓の先で何かに掴まろうとしています。学生時代は、藤のツタの蔓のように、何かを求めて、何かを掴もうとする時代です。

神戸商科大学で、大学院の時代には、松葉博雄も二度目の学生時代を過ごし、何かを掴もうとしていました。2000年から2003年までの3年間に掴んだことは、もう少し、経営学の研究を深めようという気持ちでした。

 

2013年8月18日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です