神戸から徳島まで、車で2時間です。

徳島の地方文化で、気がつくのは、うどん、そば、ラーメンなどの、麺類のお店が多いことです。 徳島へ日帰りツアー(1)

近隣ツアーです。今日は、神戸から淡路島を通って、四国の徳島に向かいます。大鳴門橋は、淡路島と四国を結ぶ,鳴門海峡にかかるつり橋です。全長1629メートルで、本四連絡橋の神戸・鳴門ルートにあります。大鳴門橋は、1985年(昭和60)に完成しました。

四国は近いのですが、大橋を2本渡り、それが往復となると、高速料金がかさむので、しょっちゅう行くには難点です。

神戸を出てから、淡路島を通り、四国に進むと、淡路島が阿波路という意味が分かります。

橋のない時代に、大した大きな舟ではない時代に、本州から四国に渡るには、この阿波に続く路が、一番確かな路で、今なお淡路島が、阿波の路から出来た意味が、よく分かります。

本当にありがたいことです。神戸から車で明石海峡を渡り、淡路島を走り抜け、鳴門海峡を渡れば、もう四国の鳴門市に到着です。

鳴門市の標識を見ると、もう空気までが神戸とは違い、本州とは違い、ここは四国だと、遠国へ来た感じがします。

助手席の奥さんは、松葉博雄の代わりに、走行中に写真を撮る役目です。カメラを通して、四国を見ると、気がついたことが言葉に出てきます。

それは、讃岐から始まる、讃岐うどんから始まる、麺類の文化です。ロードサイドには、うどん屋さんや、中華そばのお店が、いくつもいくつも並んでいます。

>>2004年6月1日

四国といえば、うどんですが、2004年6月に、四国の山越うどんを訪れ、うどんのマーケティングを書いたことを思い出します。

もう一つ特徴は、病院・医院が多いことです。これは、徳島には徳島大学医学部があるからだと思います。岡山に行けば、岡山大学医学部があるので、岡山でも病院・医院が多いことに気がつきます。

松葉博雄が子供の頃には、徳島に「徳島ハム」という会社があって、子供心にも、徳島ハムは美味しいなぁと、思った思い出があります。

徳島にはハム会社があったせいで、トンコツ文化が育ち、トンコツを使った中華そばやラーメンに繋がっています。

鳴門市から55号線を走り、徳島に向かっています。どの地方に行っても、道路の両サイドには、全国展開をしているお店の名前が並び、何だか地方色を隠しているようです。

徳島の市街地に入ると、2010年に阿波踊りの見物に来た時の、泊まったサンルートホテルが、左手に見えました。

神戸の三宮は、コンタクトレンズの激戦区になっていますが、徳島では紳士服屋さんが向かい合って、ビジネスの戦いをしています。

徳島では、中華そばという表示と、ラーメンという表示があり、ラーメンなのか中華そばなのか、まだ統一されていません。それとも、二つには味に差があり、統一出来ないのかもしれません。気になる、ラーメンか中華そばの、どちらかを食べて帰りたいです。

2013年8月1日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です