淡路島LOHAS CAFE(ロハス・カフェ)の昼食は、少量多品種の料理で、良いです。

カブトムシは、男の子のあこがれです。大きな角をもったカブトムシの、オーナーになるのは、男の子のあこがれです。 淡路(2)

淡路島岩屋の「Relax」で、予約客が一杯で、お店に入れませんでした。流行る店には行きたくなり、行きたくなっても予約が一杯で、縁遠くなってしまいます。

誰か友人を誘って、食事に行こうと思ったときに、誘って断られるのは、きまずい感じがします。 Relaxできまずい感じをして、次に向かうのは、奥さんのお気に入りの「LOHAS CAFE」です。ここで、予約が一杯なら、ますますみじめになってきます。電話で確認すると、どうやら大丈夫のようです。

淡路島 LOHAS CAFE(ロハス・カフェ)は、淡路市久留麻にあるお店です。

ロハスとは、健康と環境を考えたライフスタイルのことです。

http://blog.goo.ne.jp/omoide2009 (公式ブログ)

地元で採れた体と自然にやさしい食材を多く使ったメニューが人気です。

ロハスプレート 1,000円の昼食を、注文しました。奥さんが数えると、ワンプレートで、30種以上の食材が使われています。

お昼の昼食時間が終わった時間で、お店に入ったときは、お客様は誰も居ませんでした。

誰も居なければ、注文はすぐに通り、あまり待ち時間もなく、ロハスプレートがテーブルに運ばれてきました。

少量多品種のメニューは、作る人が大変ですが、食べる人には、大歓迎です。

中でも、女性のお客様にうけるのは、追加のデザートセットです。わずか、200円の追加で、ケーキと飲み物がいただけます。

カシミールティーを、奥さんは注文しました。

外で外食出来るのが、主婦にとっては、とっても嬉しいことです。しかし、外で食べると、調味料が遠慮無く使われ、減塩、減糖を目指している人には、やっかいな問題があります。

友人に頼まれた、淡路島の別荘を探す仕事は、食後も続きます。淡路島の釜口で、不動産屋さんを訪ねて行きました。あいにく、不在中で、友人の、別荘地を探してほしいという依頼を、丸投げしようと思っていたのに、丸投げ出来ませんでした。

次は、ホームセンターのコーナンです。コーナンでは、子供向けに、カブトムシのつがいを、透明なカゴに入れて、雄雌一組、600円で売られていました。カブトムシの気持ちを聞かないで、勝手に、ペアにされると、ひょっとすると、とっても相性の悪いペアになる組もあるかもしれません。

カブトムシは、幼い子供たちのあこがれです。松葉博雄も、幼いとき、カブトムシを捕まえに行き、捕まえたカブトムシの雄同士を、友達同士で持ち寄って、対決させて、喜んでいました。それを、夢乃井「夕やけこやけ」の散歩道で、「かぶとむしの家」を見つけたことを、思い出しました。

カブトムシの、ベストカップルの組み合わせとは、どんな基準なら良いのでしょうか?一般に、自然界の動物は、雌は雄を選ぶ時に、種の保存のために、強い雄を選ぶと言われています。そこで、雄同士の雌をめぐる決闘があると言われています。このカブトムシたちは、決闘なしで、人間の判断で配偶者が決められています。

 

2013年7月26日(金)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です