西之坊穂さんと、聡美さんの結婚式に招待されました。

西之坊穂さんと、聡美さんの結婚式は、大阪心斎橋のメゾン・ド・デュプレで、行われました。

真夏の結婚式です。場所は、大阪中央区の心斎橋にある、メゾン・ド・デュプレです。新郎の西之坊穂さんと、松葉博雄の関係は、大阪府立大学大学院、北居明教授の北居ゼミの先輩後輩の間柄です。

松葉博雄が学会発表をしたときも、応援に来てくれています。北居明先生の温かい人柄で、北居ゼミの交流は、大学院修了後も続いています。今日の招待客の中にも、松葉博雄の同期の薗田章恵さん、後輩の池邊美佳さん、そして新郎の同期である、永井工仁さん、辻和哉さん、吉川徹さん、西尾千恵さんなどがいます。

挙式は16:15からです。メゾン・ド・デュプレの2階部分が挙式場になります。正面に向かって、左側席が新婦側、右側席が新郎側の招待客です。

挙式は、日本語の上手な神父様が執り行います。参列者には、賛美歌の歌詞と楽譜が予め配られています。

歌う曲はいつもの賛美歌312番 祈祷です。この曲は、中学校の頃、文部省唱歌で馴染みのある、堀内敬三さんの『冬の星座』の曲と同じだと思います。

時間が来ると、新郎の西之坊穂さんが、緊張の面持ちでシルクのタキシードに身を包み、階段を上って登場です。

次に、新婦の大木聡美さん、改め西之坊聡美さんがお父様に介添いされて、ゆっくりとバージンロードを進みます。

二人が足をそろえるように、前もって練習していたのか、父・娘の歩調はぴったりです。こんな、緊張する場面では、足が絡まっては大変です。ゆっくりと、ゆっくりと、神父様の前まで進みます。

厳かな音楽が静かに流れる中で、神父様の前で、新婦のお父さんから、新郎に介添い役が変わると、今日の主役の新郎と新婦は、神父様の前でこれから行われる、挙式の心構えを聞き、お互いにうなずいています。

新郎と新婦の、招待客の見つめる、視線が集まる、この瞬間が始まります。

指輪を交換し、花嫁もベールを上げて、誓いの言葉を交わし、 神父様に促され、誓いのキスをします。このときの父親の気持ちは、いかばかりの気持ちなのか、後で北居明先生が、説明して下さいました。

これで新しいカップルが誕生した事を、これからは二人で人生を進むことを、神父様はみんなに宣言され、厳かなセレモニーが終わります。

お互いの友達は、これまでの経過を知っている人達は、うなずきながら聞いています。そして、持っているカメラを構えて、その一瞬の記録を残そうとしています。

二人は腕を組み、お互いを見つめ合いながら、二階の式場に接するガーデンに向かって退出し、最後に振り返って、参列者の皆さんに深く頭を下げ、感謝の気持ちを、言葉を使わないで全身で表しています。

招待状を読むと、メッセージがありました。「この度、私どもは、2013年4月8日に入籍を済ませ、結婚式を挙げることとなりました。これも、ひとえに皆様方のお陰と、心から感謝しております・・・」

この感謝の気持ちが、向こうのガーデンに立つ新郎新婦の二人が、伝えているメッセージです。

 

2013年7月13日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です