ホテルモントレ沖縄は、恩納村のタイガービーチにあります。

ホテルモントレ沖縄は、左手にムーンビーチホテル、右手にサンマリーナホテルが見えます。 第143回沖縄訪問(21)

恩納村にとって、前兼久と冨着にとって、今日はこの地域に、新しいリゾートホテルがオープンする記念の日です。今日はホテルモントレ沖縄が完成し、披露されるので、金城正則さんと一緒に、オープニングセレモニーに出席します。

金城正則さんと合流するため、11時ごろ金城家に着きました。金城家のみなさんに、神戸から持ってきたお土産を渡します。

ホテルから金城家に向かう途中、閉鎖したお店が次のお店に変わる、工事が進んでいます。今度のお店も飲食の店のようです。

25年くらい前に、このお店はステーキハウスでした。スタッフの皆さんは、セーラー服の制服を着ていて、入り口には、来店者が記念に名前を記帳する、分厚い「訪問名簿帳」がありました。

ステーキハウスから、次々にお店が替わり、その都度改装工事をしています。一つのお店をオープンして、何十年も続けることは、とても難しいということを感じます。

金城家に来てみると、クレアさんは不在で、会えませんでした。後からメールで、今日持ってきた服を着た写真を送ってくれました。

金城正則さんと一緒に、ホテルモントレ沖縄に、歩いて行きます。もう沖縄は真夏です。梅雨が明けると、炎天下の日が続きます。暑い炎天下の中、汗を拭きながらホテルに着きました。

ホテルモントレ沖縄は、2013年6月27日に営業オープンするそうです。「全室オーシャンビュー」を売り文句にしています。

今日のセレモニーが始まるまでには、まだ時間があります。受付を済ませると、自由にホテルの施設を見てまわることができます。そこで、一番高い屋上に行って、この辺りの景色を見てみました。

ホテルモントレ沖縄が出来る前は、自由に出入りができた、タイガービーチです。しかし、今はホテルモントレ沖縄の施設に囲まれて、以前のように自由にビーチに出ることは難しくなりました。

屋上から見ると、タイガービーチは、ホテルの施設に使われて、ビーチ自体は意外に狭いということがわかりました。

屋上で見ると、とっても太陽の光が強くて、クラクラするほどの日差しです。

ホテルの屋上から海に向かって、右手に見えるのが、冨着の集落と、名護の方向です。

国道58号線に沿って、恩納村には、海に面したホテルが立ち並んでいます。これはこれで、厳しいホテルの集客競争です。

津波の事を気にしなかった頃には、ホテルは出来るだけ、海のそばが選好されていましたが、津波の怖さを知ってからは、海が見えて、やや高台の方が、選好される時代になりました。

とはいっても、津波が来るのはいつのことか分からず、いつ来るか分からない津波を心配するより、目の前のオーシャンビューのロケーションは、リゾート客には喜ばれそうです。

左手はムーンビーチに続いています。この美しいオーシャンビューが、ホテルモントレ沖縄の最大の売り物です。

屋上から降りて、ビーチに続くホテルの施設を見ています。

一昨年の大型台風の影響で、タイガービーチに沢山茂っていた松林は、すっかり無くなっています。以前のタイガービーチは、直射日光を避ける、松林があり、涼しい場所がありました。

自然のビーチを壊し、人工のプールを二つ作っています。もうこれで、この冨着の地域の人たちは、昔の冨着の自然の海岸線を見ることは出来ません。

昔のタイガービーチと、ムーンビーチの、自然の、沖縄らしい海岸線を知っているので、いくら私有地だからといって、いくら合法だといって、これほど自然を壊していいものかと、疑問に思います。

新築のホテルは、沖縄のまばゆい程の太陽の光を浴びて輝いています。

あちらこちらの、ホテルの施設を写真に撮っていると、ここはハワイかと見紛うばかりです。

ホテルの施設には、沖縄らしさを演出するために、沢山の亜熱帯植物を、移植しています。

新しいホテルが出来ると、既存のホテルには、脅威です。そこで始まるのが、防衛のための価格競争です。

価格競争が浸透すると、棲み分けが始まります。つまり、自社の施設と、価格に合った顧客を作っていくことです。

ホテルモントレ沖縄は、この地域では一番新しく、施設も充実していて、顧客ターゲットは、アベノミクスで潤った、富裕層のように思います。富裕層の人たちは、沖縄に来ても、都会風の施設を好みそうです。

2013年6月15日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です