夏至のころの岩屋の夕暮れは、暮れそうで暮れない、余韻が長引きます。

岩屋港の桟橋から、明石海峡連絡大橋が、夕暮れになると、明石文化遺産のように美しく映ります。 淡路(1)

晴れた日の、夏に向かう頃の、夏至に近い夕暮れは、見るたびに心が惹かれます。ゆっくりと日が沈み、海辺の静かな波には、夕日が染まって、あの波間に向かって、船をこぎだしたくなるような静けさです。

ここは淡路島の岩屋港です。岩屋港から明石港まで、ひっきりなしに連絡船が出ています。

明石連絡架橋が建設されるまでは、フェリーボートが明石海峡を頻繁に往復していました。今では、乗船を待つ、乗る時間もなく、すぐに向こうと、こちらが車でつながるようになりました。

最近、富士山が世界文化遺産に登録されます。富士山の文化的な価値は、日本人がみんな認めるところですが、富士山の文化的価値を、外国の人たちも認めてくれたことは、喜ばしいことです。

同じように、明石海峡を結ぶ本四連絡架橋も、富士山ほどではありませんが、素晴らしい文化的な価値があると思います。

岩屋港の船着き場に立って向こうを見れば、明石連絡架橋が見え、振りかえれば、こちらにはお馴染みの源平寿司が見えます。

今日は息子夫婦とリッキー君を連れて来ています。リッキー君に見せるため、源平寿司の水槽を覗きます。

リッキー君は3歳未満ですが、そろそろ食べ物の嗜好が出てきています。どうやら和食が好きなようです。和食の中でお魚が好きなようです。

源平寿司のお店にある岩屋港の絵は、平山郁夫さんの瀬戸内海の船の絵に似ています。

大人4人はお寿司に積極的です。しかし、幅広くメニューを味わうために、お寿司だけに集中することなく、定食も注文しました。

定食の名前は、平家定食と、源氏定食です。お店の方に聞いても、なんでこれが源氏定食なのか、なんでこれが平家定食なのか、納得のいく回答はありません。

リッキー君は今、箸使いのしつけ中です。幼い時に箸の使い方をしっかりしつけておかなければ、大人になって直るものではありません。

源平寿司の中で、人気メニューは、鯛の荒炊きです。鯛の荒炊きが入っている方が、源氏定食です。

では、平家定食はなんでしょう?平家定食には天ぷらがあります。ここで疑問に思うのは、初めに考えた鯛の荒炊きと、天ぷらの違いが、どうして源氏定食と平家定食になるのか、また悩んでしまいます。

松葉博雄は、握り寿司を注文しました。見た目にも、食べてみても、美味しいお寿司です。

談笑しながら食事をしていると、とつぜんリッキー君が、まるで催眠術にかかったように、寝込んでしまいました。

リッキー君が寝れば、みんなゆっくり食事が出来るので、ここはリッキー君の気の利いたサービスかなぁと思っていました。

若干3歳で、大人の食事がしやすいように、突然気を利かせて眠ってくれれば、これはもう、超エクセレントサービスです。

カレイのから揚げを食べているころ、またもや突然、リッキー君が起き上がり、サービスタイムの終了です。たちまち活動が始まり、誰かが見ていないと安心できません。そうなると、落ち着いて食事ができなくなりました。

リッキー君は、ほかの場所が気になって、源平寿司に隣接した、岩屋港の改札口のほうに行って、何やら口で言葉を発し、何か舞台監督が、かに指示を与えるように、ぶつぶつ言いながら歩き進んでいます。

またもや源平寿司に戻り、干しダコを見て、このタコを空に揚げるように、指示を出しています。このタコが空に揚がるとは、大人なら分かりそうですが、幼児のリッキー君なら、揚がると思っているようです。

憑き物に憑かれたような行動が収まると、リッキー君の食事タイムになりました。ご飯はもう、大人一食分位を、一回で食べます。帰るとき、源平の玄関にある、たぬきの置物のお腹をさすって、何やら囁いています。きっと、太りすぎに注意をしていたのだと思います。

2013年6月22日(土)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です