兵庫県立大学社会人大学院生が、MBAの会の親睦会をしました。

兵庫県立大学大学院経営学研究科は、社会人コースを2000年から開設しました。

江上豊彦さんから、『MBAの会』親睦会のご案内のハガキを頂きました。

場所は、三宮交通センタービル10階 『燦(SUN)』です。

ここはサントリーが経営するお店です。従って、ビールはモルツしかありません。MBAの会が結成されていたのは、2004年3月です。あれからもう、9年経過しています。

三宮の交通センタービルに繋がる陸橋を歩きながら、左手に見えるのは、我が社のさんプラザコンタクトレンズがある、さんプラザビルと、本社があるセンタープラザビルです。

交通センタービル10階に来てみると、MBAの会の幹事役を務めてくれている、江上豊彦さんと、小林豊弘さんが、エレベーターの出口の所で待ってくれていました。

午後一時からの予定になっています。燦の一番奥の部屋にある、個室に皆さん集合していました。ここから見る景色は、三宮の中心部が見通せるとても良い眺望です。前俊雄さんが来られています。前俊雄さんは、兵庫県立大学大学院で、博士号を目指して研究が続いています。

2000年4月から神戸商科大学では、社会人大学院生を募集し、その第一期生として、松葉博雄は大学院生として学びました。

あれからもう13年です。今日は、当時の指導教授の小西一彦先生と、中橋国蔵先生がMBAの会の親睦会に参加されています。

沖縄のパーティーなら、席に着いた時から、ビールや、泡盛を飲み始めますが、ここ神戸では、ちゃんと段取りがあって、主催者や、司会者の挨拶から始まり、なかなか乾杯にまで、一直線には進みません。

度々会っている人もいれば、久しぶりにお会いする方もいるので、ご挨拶は静粛にして聞いています。

松葉博雄は、小西一彦先生が指導教授で、マーケティング理論を学びました。2005年5月には、小西一彦先生は、兵庫県立大学を退任され、退官記念感謝祭をしました。

あるとき、小西先生に、「会社を立ち上げて、10億円規模の売り上げを維持して、30年も会社経営する方が、 経営学を研究して、博士になるより難しいですよ」といわれた事がありました。

そのときは、会社を経営するより、博士を目指す方が、難しいと思っていました。しかし、会社経営にはこれでよいという終わりが無くて、博士号の取得には、ゴールがありました。やはり、小西先生の言われた通り、安定した会社の経営を続ける方が、難しいようです。

乾杯が始まるまで、およそ20分ほどビールのお預けがありました。目の前のビールが、松葉博雄を呼んでいました。早く飲まないと、冷たいビールがぬるくなるよと、ビールが呼んでいました。

小林豊弘さんが隣の席です。今日の親睦会の会計係です。燦の個室で、コース料理を食べて、飲み放題で、3000円は、ちょっと無理じゃないかと、会計の心配を話すと、「松葉さん大丈夫!」と言われました。

2名の欠席者がいて、料理が2名分余っています。勿体ないですが、飲み始めると、飲む方に気持ちがいって、食べる方に気が回っていません。

時間の経過とともに、最初の席から、別の席へと移動が始まります。さすがに二人の先生方は、席を移動しません。

中橋国蔵先生は、経営戦略論が専門で、今日の参加者にも、中橋ゼミの人が多くいます。

中橋先生は、2000年の頃を振り返って、「松葉さん、経営者の大学院生は、経営学者の言ってる事をどんな風に思って聞いてたでしょうか? ひょっとして、ほんとかな?と、思ってたんじゃないですか?」と、当時を振り返った話になりました。

中橋先生、小西先生、実践経営と経営理論は、確かに違いもありますが、両方が融合される方が、経営は強くなると思って、松葉博雄は一生懸命講義を聞いてました。

2004年には、中橋国蔵先生の退任慰労会をしたのも思い出です。

「確かにそうでしたね、松葉さんは、一番前に座って、真っ先に手を上げて、質問を繰り返すと、ドキドキした先生もいましたよ」と、大笑いになりました。

上羽孝昌さんとは、Facebookで顔なじみです。時々、コメントをもらっています。

最後の食事の〆は、土鍋で炊いた、煮穴子と枝豆の蒸しご飯です。飲むことばかりだったので、最後の蒸しご飯は美味しかったです。

1時から始まって、3時半まで、150分の宴会でした。中橋国蔵先生は、閉会の挨拶をされました。中橋先生とお会いしたのは、2009年2月のMBAの会以来です。とても懐かしく、積もるお話をしました。

MBAの会は、最初は研究会中心でしたが、研究発表者の確保に、段々行き詰まってきました。それで、堅苦しい研究会は、昨年から親睦会に方針を変えて、年に1、2回、飲み会中心の懇親会になりました。

神戸商大(兵庫県立大学)の大学院を離れて、松葉博雄は、大阪府立大学と大阪市立大学の大学院に進学したので、自分の研究に集中したため、MBAの会には、ご無沙汰をしていました。

MBAの会が親睦会になれば、出席のハードルも低くなりました。最後は、小林豊弘さんの音頭で、MBAの会と、出席者の皆さんのご健勝とご多幸を祈って、一本締めです。

 

2013年6月2日(日)



2 Responses to 兵庫県立大学社会人大学院生が、MBAの会の親睦会をしました。

  1. 先生方や皆さん、お元気そうでなによりです。
    松葉社長のブログで当日の様子が手に取るようにわかり
    ありがたいです。遠方ゆえ参加がかないませんでしたが、
    欠席者の方の美味しそうな食事に思わず私も補欠でネット参加
    したい気分になりました。(国政選挙もAKB総選挙も在外
    投票できる時代ですので)
    みなさんのご活躍に負けぬよう下名も遠方で努力します。
    みなさん、上海へも是非お越しください。

    • 松葉博雄

      松井英郎 様

      コメント有り難う御座いました。
      先生方とお話をすると、社会人大学院一期生の印象は、とても強く残っているようです。
      先生方も、その後学校がかわっても、我々のような勉強熱心、かつ手強い学生は他にはなかなかいなかったようです。

      以前のMBAの会が、交流会の目的に変わった為、皆さんが集まりやすくなりました。
      帰国の際は、是非参加して下さい。
      松葉からのお願いは、上海の様子もお知らせ下さい。
      宜しくお願いします。

      松葉博雄 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です