花粉症、黄砂、PM2.5が起こすアレルギーは、風邪の症状にそっくりです。

花粉症、黄砂、PM2.5の起こすアレルギー症状に、風邪の対策をしても治りません。

微熱が続く、咳が止まらない、周りを見れば、風邪を引いてる人も多く、これはてっきり夏風邪だと思い、寝るときには体を温めるように、肺の周りにホカロンを貼って、汗をかきながら眠っていました。

風邪と決めつけていたのに、10日経っても治りません。おかしいな、もうそろそろ咳が止まっても良い頃なのに。風邪なら、自然治癒になる頃なのに。いっこうにその気配もなし、いったいどうなってるんだろう?と、不思議に思いました。

そんなときに、診察をしてくれたのは長女です。私の症状は風邪ではないそうです。中国大陸から黄砂に絡まって飛んでくる、今話題のPM2.5です。

PMは、午後のPMではありません。Particulate Matter の略です。分かりやすく言えば、粒子状物質の事です。

日本でも高度成長期には、工場の煙突から硫黄酸化物や粉塵が無制限に排出され、公害と認定されるまで、工場地帯の周辺に住んでいる人達に、多大の迷惑をかけていました。

日本の煤煙による公害問題は収まりましたが、歴史は巡り巡って、日本の高度発展期を追って、隣国の中国から粒子状物質が排出されています。

風邪の症状を起こしていたのは、なんと、このPM2.5に対するアレルギー反応のようです。

そこで、mama ion(ママイオン)を首からぶら下げて、ママイオンが発生させるイオンの効果で、PM2.5を除去することになりました。

長女が通販で取り寄せてくれて、早速充電して、空気清浄能力を利用した除去方法を実施します。

このママイオンの効果が発揮されると、松葉博雄の風邪の症状は、ゆっくりおさまるはずです。

2月頃から花粉症が始まり、その後は中国から飛来する黄砂と、黄砂に混じったPM2.5の起こすアレルギー症状が何ヶ月も続いています。

これはもう、国民病というか、社会問題です。一人の個人ではどうしようもない問題です。

2013年5月28日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です