鳴門海峡の渦潮でもまれた鯛のお刺身は、絶品です。

鳴門海峡の渦潮で育った鯛を、うめ丸で頂きました。 同期生と神戸淡路旅行(4)

鳴門海峡の渦潮で育った鯛を、刺身の他に宝楽焼きと、あら炊きで頂きました。

「観光旅館 うめ丸」の売り物は、1.鳴門海峡大橋の景色、 2.鳴門海峡で育った鯛の料理、 3.天然温泉 この3つが、うめ丸のウリです。

温泉は、アルカリ質のヌメヌメした、肌に手を当てると滑るような感じの、いかにも温泉といった良いお湯です。みんなで温泉に入った後、6時を回った頃から、大広間で宴会です。

宴会場の障子の窓を開けると、ここからも鳴門海峡大橋が見えます。初夏の夕暮れは、なかなか日が暮れなくて、まだ薄明かりが続きます。

大広間で宴会が始まると、いかにも淡路女性らしい仲居さん達が給仕をしてくれます。

料理の配膳は立ったままで、後ろからお料理をテーブルのお膳に乗せていきます。

最初に言ったように、うめ丸のウリは鳴門海峡で育った鯛です。大きな鯛の片身をお刺身にしています。

時折、鯛が痛みに耐えられず、体を震わせると、まだ鯛が生きていることが分かります。これだけ身を切られても、まだ生きているのです。

お刺身を食べ終えると、鯛の片身は、あら炊きにすることになっています。頃合いを見計らって、仲居さんが鯛を調理場に運びます。

今日のアルコールは、基本はビールです。この他に、日本酒と焼酎(黒霧島)が用意されています。焼酎には、お湯と氷が用意されていて、どちらで飲んでも良いようになっています。

ここらで、参加者のショートスピーチですが、長い人は、スピーチやら、隣の人との会話やら、分からなくなって、だらだらと続いています。

聞く方も、アルコールが入って、目の前の料理も美味しそうなので、スピーチを聞いてばかりはいられません。

どんどん座が白けていきます。おじさん達を思うようにコントロールするのは、難しいものです。

うめ丸の宴会は、お膳が沢山並んで、とても食べきれないくらいです。鯛の料理は宝楽焼きも出ました。その後、天麩羅や蒸しご飯なども出て、全部食べていたら、痩せるのに大変です。

二次会は、幹事部屋で集まって、思い思いのテーマで話が進みます。一番関心があったのは、目下のアベノミクスの行方です。つまり、このまま株価はどこまで上がるのか?いつ売るべきか?皆さん同じような問題を抱えています。

2013年5月9日(水)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です