ホテルモントレ沖縄は、周囲の景観を壊しています。

ホテルモントレ沖縄は、地域の人達の調和を壊しています。 第142回沖縄訪問(16)

ホテルモントレ沖縄は、例えば足を踏んだ人には、踏まれた人の痛みが分からないようなものです。

沖縄恩納村前兼久から、神戸に戻る日です。第142回沖縄は雨にたたられて、あまりアクティブな行動は出来ていません。平均すれば、沖縄のお天気は曇りの方が多いのです。

帰る前に、もう一度、ホテルから北の方向を見ると、沖縄モントレホテルがすっかり景観を壊してしまっています。

滞在中に、身近な人にホテルモントレ沖縄の話をすると、ほとんどの人が不愉快に思っています。

ただし、はっきりと反対の意思表示をする人はほとんどいません。それは、ホテルモントレ沖縄の経済効果もあるから、恩恵を受ける人もいて、小さい地域社会では、反対でも反対の発言が出ないのです。

ホテルのベランダの植木鉢は、台風で植木が飛んでしまったり、塩害で枯れてしまったりして、すっかり寂しくなっています。

帰る前に、もう一度金城家に寄って、金城千賀子さんに滞在中にお世話になったお礼を言いました。

金城千賀子さんは、松葉博雄と奥さんの為に、朝ご飯とお昼を兼ねた食事を勧めてくれました。

好きなスズメダイの唐揚げも勧めてくれたので、奥さんは、これを神戸に持って帰って、お味噌汁の中に入れて、魚汁を作ることにしました。

コーヒーも最後に頂きました。短い間でしたが、中身については濃い話がありました。

前兼久から那覇の飛行場までは、途中レンタカーの給油をして、レンタカーを返し、飛行場まで送ってもらって、トータルで1時間くらいです。

飛行場のロビーでは、あのうっとうしいホテルモントレ沖縄のグランドオープンの柱巻広告が目に付きました。

確かに、ホテルのすぐそばに海が広がり、全部屋オーシャンビューです。足を踏んだ人が、足を踏まれた人の痛みが分からないように、ホテルモントレ沖縄のオーナーには、その後ろの景観を壊された人達の痛みが伝わっているのか、理不尽に思います。

帰りの便で、窓から外を見ていると、向こうの方に、北上している飛行機が見えました。

四国を経由して、鳴門海峡を飛び越えると、すぐに明石海峡大橋が眼下に見えます。もうすぐ神戸空港に着陸します。これで第142回沖縄訪問記が終わります。

2013年4月18日(木)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です